カテゴリー別アーカイブ: レンタルサーバー評価

Web屋から見たレンタルサーバーの評価・評判

NTTコミュニケーションズ

NTTコミュニケーションズBizメール&ウェブ ビジネスの評価・評判


日本通信事業の最大大手NTTグループに
インターネット接続サービスを行う「NTTコミュニケーションズ」があります。
その会社はインターネット接続サービスと共にサーバーのレンタルサービスも行っています。

私のお客様がこのNTTコミュニケーションズレンタルサーバーを利用し
ネットからの集客を目的としたサイトを運営をしています。

Webコンサルティングの一環でサイトのメンテナンスやページのカスタマイズをするのですが、
手を加えるたびにNTTコミュニケーションズのレンタルサーバーに苦労したので今回記事にしました。
(苦労させられた分、今回はちょっと辛口評価です。)

私のお客様はNTTコミュニケーションズでプロパイダの契約をしており、
その縁でレンタルサーバーもNTTコミュニケーションズを利用しています。

NTTコミュニケーションズは大きく分けて3つのプランを用意しています。

お手軽に始められるのエコノミープラン

初期費用 0円
月額費用 1,429円(税抜)
容量 150GB
PHP/CGI
データベース ○(mysql)

初心者向けビジネスプラン

プラン ビジネス ライト ビジネス ベーシック
初期費用 3,000円(税抜) 3,000円(税抜)
月額費用 2,780円(税抜) 5,700円(税抜)
ディスク容量 40GB 80GB
PHP/CGI
データベース ○(mysql) ○(mysql)

複数サイト運営用プレミアプラン

初期費用 20,000円(税抜)~
月額費用 15,000円(税抜)~
容量 100GB~
PHP/CGI
データベース ○(mysql・PostgreSQL)

※この情報は2014年9月11日現在の情報です。

NTTコミュニケーションズの電話サポートについて

スペックだけを見るとエコノミープランの方が安価で性能も良い。
どうして、ビジネスプランの方が値段が高いのかというと電話サポートがあるからです。


プラン選びのご相談から独自ドメインの取得、サーバーの設定まで、
はじめての方にも分かりやすく電話やメールでサポートします。
万一のトラブル時も24時間365日電話サポートがあるから安心です。

電話サポートはサイトを運営する者にとってありがたいサービスですが、
NTTコミュニケーションズの電話サポートには不満を感じました。

24時間365日の電話サポートは故障時のみ

NTTコミュニケーションズのサイトには赤字で24時間365日電話サポートと書いてありますが、
24時間365日対応してくれるのは
「故障など(お客さまの設備には問題がなく、ホスティングの故障と思われる場合)」場合のみです。
言い換えれば、NTTコミュニケーションズ側の問題でトラブルがあるときに対応してくれる24時間サポートとなります。

「サービスの内容や各種設定方法に関するお問い合わせ」は、
9:00~18:00の平日のみ受け付けとなっています。

電話が繋がらない

NTTコミュニケーションズのサイトには、レンタルサーバーの仕様があまり詳しく記載されていません。

レンタルサーバーに使われているApacheのバージョンの情報を知りたかったのですが、
これもサイトには記載されていませんでした。
(Apache情報はエックスサーバーなど他のレンタルサーバーでは記載されているような情報です。)

そこでいざ電話をしてみるのですが
「電話が込み合っているためしばらくたってお掛け直して頂くか、このままお待ちください」という状態が数十分ぐらい。
かれこれ4・5回ぐらいお問い合わせをする機会がありましたが、毎回待たされました。
(お問い合わせ先がフリーダイヤルなのでまだ許せますが、エコノミープランより多くお金をとってるのにこのサポートでは不十分に感じられます)

電話オペレータの知識が薄い

長い時間を待ってようやく電話が繋がったと思ったら、

「その件の内容でしたらホームページに記載されてると思います。確認しますので少々お待ちください。」

ホームページを良く見ずに電話する人が多いから、こういう対応なんでしょうね。
『ちゃんとホームページを見ずに電話しているでしょ?見れば載っていますよ』と言わんばかり発言です。

そして、確認後の発言が
「あっ、掲載されていませんでした。」
そりゃそうです。こっちは調べてから電話してますから。

業種に関わらず大きい会社は、(顧客が多く人手不足?教育不足?)
商品の知識に乏しくマニュアル通りの対応しかできないオペレーターが多いような気がします。

結局は「技術的な話は技術側の人間が対応することになっていて、
今はその人間が対応できないので手が空き次第ご連絡させます」という話になりました。

ちなみに「いつごろ電話もらえますか?」と聞いたら「2時間後ぐらいになると思います。」と言われました。
どこの会社も技術者さんは大変ですね。

で、結局いただいたお返事が、
「サーバ保全とセキュリティの観点により、その情報をもとに新たなセキュリティの攻撃を受ける可能性がある為、
未公表とさせていただいております。」
と、ほしい情報が得られないという落ちでした。

電話サポートがサポートしてくれない!?

上記のとおり他社のレンタルサーバーで公表しているような情報も教えてくれず、
また、別件で電話した時もお応えできないので、ご自身でやってくださいという対応でした。

技術的なこと・難しい話になってくると「ご自身で」というマニュアルになっているのではないでしょうか。
同じ電話サポートなら、(電話サポートと謳っていませんが)
フリーダイヤルで電話お問い合わせ窓口があるさくらレンタルサーバーの方が、
電話が繋がる上、親切な対応なのでそちらを利用することをお勧めします。

明確な回答が得られない電話サポートなら毎月1000円以上余分に払ってまで利用する必要はないと言えます。
NTTコミュニケーションズのエコノミープランで十分です。

NTTコミュニケーションズの
レンタルサーバーの利用者はごく少数?

ホームページでちょっと特殊なことをしようとした場合、
レンタルサーバー会社毎にサーバーの仕様が異なるため、
設定を調べてそれに合わせてプログラムの構築しなければいけません。

これがまた大変な作業です。
1から考えて作り始めれば、1日かけて作業をすることもあります。
(作業時間が長いのは私の知識不足もありますけどね。)

ロリポップなど利用者が多いレンタルサーバーには、
インターネット上に同じWebの仕事をしている有志たちの手により、その場合のプログラムの構築方法が記載されていたりします。
これが見つかれば、1日がかりの作業が1時間ぐらいで片付いたりします。(そのため、私はその人たちを神様と呼んでいます。)

これが利用者が少ないレンタルサーバーだと、その情報が記載されていないんですよね。
NTTコミュニケーションズのレンタルサーバーも利用者が少ないためか、そのような情報が記載されていませんでした。
(インターネットにも載ってないし、電話サポートに電話しても教えてくれないしで大変でした。)

ですので、NTTコミュニケーションズのレンタルサーバーで、
特殊なことをする場合は大変な作業になるかもしれません。

NTTコミュニケーションズレンタルサーバーの性能について

マルチドメインができない

毎月1000円以上払うレンタルサーバーのほとんどはマルチドメインに対応していますが、
NTTコミュニケーションズのレンタルサーバーは対応していません。
マルチドメインを使いたい場合は、毎月1万円以上するプレミアムプランを使う必要があります。

データベースについて

データベースの使える数について、
ホームページに記載されてなかったのでお問い合わせで確認しました。
ビジネス・プレミアムとも数に制限はかけていないとのことです。
(エコノミーについては未確認)

NTTコミュニケーションズのレンタルサーバーについて

NTTコミュニケーションズのレンタルサーバーは

サイトには十分な説明が無く、使い方を知りたければ電話サポートが必要で、
専門的なことになるとご自身でと、

サイト製作者側からしてみれば使いづらいレンタルサーバーです。

NTTのグループということでネームバリューはありますので、
つぶれる心配はないというのがメリットでしょうか。

NTTコミュニケーションズのレンタルサーバーを借りるなら、
エコノミープランをお勧めします。

エコノミープランの詳細はコチラで確認できます。(公式サイトへ)

マルチドメインを考えているのなら、他社のレンタルサーバーで安く、高性能のレンタルサーバーがありますのでそちらを理由することをお勧めします。


ロリポップとEC-cubeの相性は?

ロリポップでEC-cubeは使える?使えない?


ロリポップでEC-cubeは使えるか?

EC-cubeはデーターベースがあるレンタルサーバーなら、ほとんどのサーバーで使うことができます。
安いレンタルサーバーといえば、ロリポップ(月額263円)ですが・・・
「本当に安いだけレンタルサーバーで大丈夫?」
私のクライアントでロリポップでEC-cubeを設置した事例があるので、その使い心地についてお話します。

安いレンタルサーバーでEC-cube

EC-cubeは「MYSQL」もしくは「PostgreSQL」のデータベースがあれば使うことができます。ほとんどのレンタルサーバーでは「MYSQL」が使えるので、安価で運営するつもりなら月額263円のロリポップ(ロリポプラン)でもEC-cubeのショッピングサイトを作ることができます。

理論上ではデータベースがあれば使えるEC-cubeも「大がかりなショッピングサイトを安いレンタルサーバーでも正常に動くのか?」という疑問を持ったことはありませんか?私もその疑問を持った一人です。

それでは「ロリポップ×EC-cube」の相性をチェックします。

ロリポップのスペック

私のクライアントはロリポップのチカッパプランを利用しています。
チカッパプランのスペックは下記の通りです。

月額料金 525円 容量 60GB
データベース MYSQL(30個) データ転送量 1日 10GBまで

通常のサイトを運営する分には十分なスペックです。

■ データ(ディスク)容量とデータ転送量から見る
では、このチカッパプランEC-cubeを設置するのにデータ容量・データ転送量は足りるのか?
A社の運用実績を元にチェックします。

A社は月2,500件のアクセス数を集め毎月数十万円の売り上げを上げています。そのショッピングサイトを運用する時に使っているデータ(ディスク)使用容量とデータ転送量は下記の通りです。

データ使用容量 0.4GM
データ転送量 1日 0.1GB

ご覧の通り、データ使用容量もデータ転送量もまだまだ余裕があります。
今の100倍アクセスが来ても問題はありません。

ロリポップの問題点

■ CGI・PHPでの制限
ロリポップは1つのサーバーを複数の人間が使う共有サーバーです。
1人の共有者がサーバーに大きな負担を掛けると、他の共有者のサイトが表示速度が落ちるなどの迷惑行為になるため、CGI・PHPを使う場合に制限を設けています。

その制限の中で、EC-cubeで問題になるのが・・・

・処理時間が30秒を超えるCGI・PHPの禁止

EC-cubeのシステムはPHPで動いているので、処理時間が30秒以上の場合エラーが発生します。

残念ながらこの制限は私のクライアントA社様のショッピングサイトでも発生しました。
その時出たエラーが下記です。

Fatal error: Maximum execution time of 30 seconds exceeded in /home/users/1/〇〇〇〇/web/data/class/db/dbfactory/SC_DB_DBFactory_MYSQL.php on line 204

お客様がサイトに訪れた時このエラーが発生したら、販促の機会を逃してしまうことになります。

この問題を解決するためには処理速度を早くするしかありません。

処理速度を早くするためには・・・

■ プログラムを見直す
EC-cubeのプログラムを見直すことで少しは早く表示できるようになります。ただ、それは専門的な知識がいるのでプロに依頼するしかありません。

■ 余分な機能を減らす
今回クライアントのA社が30秒制限に引っかかった理由は、
商品のオプション機能を追加したのが大きな原因となりました。

ですので、ショッピングサイトに
EC-cubeに最初から備わっていない機能を追加するつもりなら
表示速度についても考えなければいけません。

また、EC-cubeに最初から備わっている「規格」を使う場合も要注意です。

「規格」とは、
商品サイズの「S」、「M」、「L」や商品の色「赤」、「青」、「黄色」
などを設定することです。

この規格を複数使う場合、極端に処理速度・表示速度が遅くなるようです。

■ データベースを変える
EC-cubeは「MYSQL」もしくは「PostgreSQL」のデータベースがあれば使うことができます。
PostgreSQLの方がEC-cubeと相性が良く、MYSQLよりもデータベースの処理が早いです。

しかし、ロリポップで使えるデータベースは「MYSQL」のみで、「PostgreSQL」が使えるレンタルサーバーに変える必要があります。

データベース「MYSQL」と「PostgreSQL」の違いの詳細は「EC-cubeにおススメのレンタルサーバー」で記事にしています。詳しく知りたい方はそちらをご覧ください。

EC-cubeにおススメのレンタルサーバーの記事へ

今、正常に動いても、近い未来にちゃんと動く保証はありません。

「自社の(EC-cubeの)ショッピングサイトでは30秒掛からないから問題はない。」と言う方も安心してはいけません。

クライアントA社も、初めはオプション追加後も正常に動いていました。

しかし、オプション追加から数ヶ月、ここ最近エラーが発生するようになりました。(それと同時期にサイトの売り上げも落ちました。)
しかもこのエラーはいつも発生する訳では無く、日中のアクセスが多い時間帯にエラーが多く発生していました。

その理由を調べたところ1つの原因にたどり着きました。
それは「ロリポップは共有サーバー(共用サーバー)である」ことです。
上記でも説明した通り、共有サーバーは1人の共有者がサーバーに大きな負担を掛けると、他の共有者のサイトの表示速度が落ちてしまうのです。

つまり、共有サーバーの共有者の責任で、自サイトのへ接続がしにくい状態になった場合、
上記の「処理時間が30秒を超えるCGI・PHPの禁止」という制限に引っかかる可能性があるのです。

現在はプログラムの負荷がかかるオプションを消して、普通にサイトを表示させる分には安定して表示するようになりました。(落ちた売り上げも戻ってきました。)

ただ、サイト表示に負荷を与えると同じように30秒制限エラーが発生します。これは今以上にアクセスが増えるとページが表示されなくなることを意味しているので、もっと根本的な解決策が必要となってきます。

根本的な解決策とはレンタルサーバー会社を変えることです。
ロリポップは価格が安い分1つのサーバーで多くの共有者で運用されていると考えられます。その分、30秒の処理速度制限など厳しい制限が掛けられていますが、
共有サーバーでも処理速度制限が無い(緩い)レンタルサーバーはたくさんあるので、その中からレンタルサーバーを選ぶことにします。

ここでレンタルサーバーを選ぶポイントは「PostgreSQL」が使えるレンタルサーバーを選ぶことです。
PostgreSQLはEC-cubeと相性が良く、MYSQLと比べて表示速度が速くなります。表示速度が速くなるということはサーバーへの負担も軽くなり、気になる処理速度制限があっても引っかかりにくくなるということです。また、表示速度が速くなるのでお客様のストレスも少なくなり、購入率もアップといいことづくめです。

データベースPostgreSQLとEC-cubeの相性についての詳細は「EC-cubeにオススメのレンタルサーバー」をご覧ください。
EC-cubeにオススメのレンタルサーバー

EC-cubeにお勧めのレンタルサーバーWADAX

PostgreSQLが使える
レンタル料金は他社と比べると少し高めだが、EC-cubeと相性の良いPostgreSQLが使える。
共有サーバーでもデータ転送量は無制限で、ロリポップのようにPHP・CGIの処理速度制限もサイトをチェックする限り無さそうです。(サーバーの負荷が大きすぎると注意される様ですが、EC-cubeを使う分には問題ないでしょう)

■WADAX共有サーバー ブロンズプラン

初期費用 0円 月額料金 1,995円/月
ディスク容量 50GB
共有SSL 専用SSL
CGI PHP
MYSQL PostgreSQL
データ転送量 無制限 お試し期間 無し

(月額料金1年分前払いで初期費用無料)

WADAXレンタルサーバー評価記事


WADAXレンタルサーバー評価

WADAX(ワダックス)レンタルサーバー評価・評判


365日サポートWADAXレンタルサーバー

レンタル料金は他社と比べると少し高めだが、サポート・セキュリティはトップクラスのレンタルサーバーWADAX(ワダックス)レンタルサーバーのご紹介です。

WADAXは他のレンタルサーバーでは使えないデータベース「PostgreSQL」を使えるが魅力のひとつです。

WADAXレンタルサーバーの運営会社「GMOクラウドWEST」

WADAXレンタルサーバーの運営会社「GMOクラウドWEST」はGMOグループのひとつです。GMOグループはインターネット関連サービスの大手企業で、特に「ドメイン登録事業、レンタルサーバー事業」は国内最大手です。

ドメイン登録事業では「お名前.com」「ムームードメイン」「VALUE DOMAIN」など、
レンタルサーバー事業では「ロリポップ」「お名前.comレンタルサーバー」「クイーンサーバー」など
私たちが良く耳にするレンタルサーバー会社がGMOグループに入っています。

レンタルサーバー事業がGMOグループにほぼ独占されている現状は気に入りませんが、GMOグループならレンタルサーバーのサービスに一定の品質と信頼がおけます。

☆サポート体制はレンタルサーバー1☆

WADAXレンタルサーバーのウリはフリーダイヤルでの「365日」電話サポートです。365日なのでお盆・年末年始でも対応しています。

電話対応の良いところはすぐに回答が得られることです。私の場合、サーバー会社に問い合わせる時はサーバーにトラブルが起きて、すぐにでも回答が欲しい時です。しかし、ほとんどのサーバー会社はメール対応のみで回答は次の日まで待たなければいけない事が多々あります。その中で電話ですぐに回答を得られると言うのは高ポイントです。

しかも、電話受付時間は
平日:9:00~22:00
土日祝:9:00~18:00

と幅広い時間帯で電話受付をしています。

夜中の22時まで対応してくれるのも高ポイントです。コレも上記と同じ理由ですが、サーバーのトラブルは何時に起こるかわかりません。夜中でもお問い合わせしたい時があるので22時まで対応してくれるのは助かります。
(Web会社としても深夜に仕事していることが多いので、その時間帯のお問い合わせ対応は嬉しいです。)

それではWADAX(ワダックス)サーバーの各種プランを見ていきましょう。

共用サーバー

■ブロンズ

月額 1,995円
(12月分払い)
初期費用 3000円
0円※1
データ容量 50GB

■シルバー

月額 2,833円
(12月分払い)
初期費用 3000円
0円※1
データ容量 100GB

■ゴールド

月額 3,833円
(12月分払い)
初期費用 3000円
0円※1
データ容量 150GB

(※1 1年分前払いで初期費用無料)

■各プラン共通機能

データベース MYSQL(10個)
PostgreSQL
(?個)
共通SSL
データ転送量 無制限 CGI
PHP メールアカウント数 無制限
専用SSL オプション マルチドメイン オプション

■PostgreSQLが使える
WADAXにはPostgreSQLというデータベースが使えるというメリットがあります。MYSQLが使えるレンタルサーバーは多いですが、PostgreSQLが使えるレンタルサーバーはほとんどありません。このPostgreSQLはEC-cube(ショッピングサイト)を作るのに相性がとても良いです。

EC-cubeとPostgreSQLの相性が良い理由はコチラ

EC-cubeを作るという理由でWADAXを選んでもいいでしょう。

■マルチドメインが有料オプション!?
他社のレンタルサーバーではマルチドメインの追加はほとんど無料ですが、WADAXレンタルサーバーはマルチドメイン代がオプションで追加料金がかかります。

その追加料金も割高で、初期費用5,000円と月額1,000円(1つに付き)を払う必要があります。

予め複数のサイトを作るつもりなら他社のレンタルサーバーを使った方が良いでしょう。

マルチドメインとは

■WADAX(ワダックス)サーバーのデメリット
デメリットと言うデメリットでは無いですが、
WADAXサーバーの良くある質問を見ていたところ、こんな質問を見つけました。

【質問】
間違って作成したデータベースはどこから削除すればいいですか。(共用)

【答え】
データベースの削除はコントロールパネルから出来ませんので
こちらより削除のご依頼をくださいませ。

データベースが自分で削除できず、お問い合わせをする必要があります。(他のレンタルサーバーでは自分で削除できます。)

365日お問い合わせに対応してるとは言え余分な手間が掛ってしまい使い勝手が悪いです。

セコムの万全セキュリティ

WADAXレンタルサーバーのセキュリティに力を入れています。セコム不正侵入検知防護システム(IPS)を標準装備し不正アクセスから24時間あなたのホームページを守ります。

また、WADAXは共通SSLが使え、オプションですが専用SSLも使えます。ユーザーに個人情報の安全性をアピールできます。

WADAX(ワダックス)レンタルサーバーはこんな人にオススメ

■サイトを複数作るつもりは無い人
WADAXレンタルサーバーは複数のサイトを運用しようと思うと、マルチドメインの追加費用が発生します(しかも割高)。ですので、1つのサイトを運用する人向けです。

■レンタルサーバー初心者向け安心サポート
WADAXは業界トップと言って良いほどサポート面が充実しています。レンタルサーバー初心者には365日深夜までの電話サポートは頼りになります。

■EC-cubeのショッピングサイトを作るならWADAX
WADAXはEC-cubeを作るのに便利なPostgreSQLが使える上に、お客様の個人情報を守るセキュリティがしっかりしています。ショッピングサイトを作るなら月額1,995円(1年払い)のブロンズプランで充分です。

WADAXレンタルサーバーのレンタルはコチラ




楽サバ評価

月額99円のラクサバ評価・評判


月額99円から使えるラクサバー

「月額99円」と言えば、ミルブレインズの99円レンタルサーバーを思い浮かべますが、同じく月額99円でレンタルできて性能が良さそうなレンタルサーバーを見つけたので記事にしました。

月額99円のラクサーバーの評価

ラクサーバーの運営会社について

会社名 株式会社
エルメディア
従業員数 14名
(2008年現在)
資本金 1000万円 設立日 2003年

ラクサバーを運営している株式会社エルメディアは2003年に設立された会社です。レンタルサーバー業界ではロリポップを提供しているレンタルサーバーの大手株式会社paperboy&co.も2003年の設立で、2003年は老舗の部類に入ります。

資本金は1000万円で99円レンタルサーバーミルブレインズ LLC(資本金:180万円)よりも多いです。

99円レンタルサーバーよりもしっかりした企業であることは分かります。

■ラクラクミニプラン

月額 99円 初期費用 1500円
750円
データベース
(MYSQL)
1つ ディスク容量 2GB
PHP 共通SSL
メールアドレス 20個 データ転送容量 30GB
無料お試し 10日間

ラクサバーのラクラクミニプランを他社の100円前後のレンタルサーバーと比較しました。

メリット
・月額99円でデータベースが使える
・無料お試し期間がる
・共通SSLが使える

デメリット
・ディスク容量2GB(100円前後で借りられるレンタルサーバーの中では低い)
・データ転送容量に制限がある

PR用の会社サイトを作るだけならラクサーバーのラクラクミニプランで充分ですが、データ転送量に制限があるためサイトからの集客・ブログ・ショッピングサイトを考えているなら違うプラン・違うレンタルサーバー会社に変えた方が無難です。

また、メールアドレス数に制限があります。必要なメールアドレス数を確保できるか考えてラクサバーでレンタルしましょう。

ラクサバーへのお申し込みはコチラ

では他のプランを見てみましょう。

■ラクラクライトプラン

月額 250円 初期費用 1500円
750円
データベース
(MYSQL)
2つ ディスク容量 10GB
PHP 共通SSL
メールアドレス 40個 データ転送容量 60GB
無料お試し 10日間

■ラクラクベーシックプラン

月額 400円 初期費用 1500円
750円
データベース
(MYSQL)
10個 ディスク容量 30GB
PHP 共通SSL
メールアドレス 100個 データ転送容量 200GB
無料お試し 10日間

■ラクラクゴールドプラン

月額 959円 初期費用 1500円
750円
データベース
(MYSQL)
25個 ディスク容量 60GB
PHP 共通SSL
メールアドレス 無制限 データ転送容量 600GB
無料お試し 10日間

他社のレンタルサーバーと比べると平均的なスペックです。ディスク容量だけ見ると他社よりも多いですが、その分データ転送容量に制限があります。

データ転送量の制限はほとんどの場合気にしなくて良いですが、よっぽどの人気サイトを運営していたり、複数のサイトを1つのレンタルサーバーで運営した場合は制限に引っ掛かるかもしれません。

また、メールアドレスの制限も気になります。
従業員が多い企業ではメールアドレスが足りなくなるかもしれません。

ラクサバーへのお申し込みはコチラ

PIC UP 100円前後で借りれるレンタルサーバー関連記事
初心者におススメさくらサーバー「ライトプラン」
サーバーの大手企業ロリポップ「コロリポプラン」
データペースが使えるクイーンサーバー「超低価格共有プラン」


ECcubeオススメレンタルサーバー

EC-cubeにオススメのレンタルサーバー


EC-cubeにオススメのレンタルサーバー

クライアントからEC-cubeを使ったショッピングサイトのコンサルティングを請け負ったのですが、そのショッピングサイトはレンタルサーバー選びから大失敗していました。

そこで私の実体験も踏まえEC-cubeショッピングサイトに必要なレンタルサーバー選び3つのポイントをご説明します。

EC-cubeはほとんどのレンタルサーバーで使うことができる

EC-cubeを使うのための最低条件はデータベース(MYSQL・PostgreSQL)が使えることです。コストを抑えるなら月額263円のロリポップレンタルサーバーでも十分です。

私のクライアントはショッピングサイトを始める前に企業の紹介サイトをロリポップで運営していました。ロリポップでもEC-cubeが作れるのだから、ショッピングサイト作る時もそのままロリポップを使い続けます。

変更の手間を考えると上記の判断は当然のことですが・・・ロリポップでEC-cubeを使い続けていると多くの不都合がでてきました。

その実体験も含めてご説明します。

個人情報を扱うならSSLのレンタルサーバー

ショッピングサイトを運営すると住所等の個人情報を扱うことになります。その個人情報を守るのがSSL(情報暗号化プログラム)です。最近のユーザー(購入者)は「SSLがないネットでは買い物できない」という人も増えています。だから、SSLがあるとユーザーも安心して買い物をしてくれます。

■2種類のSSL「共用SSL」と「専用(独自)SSL」
・共用SSL
共用SSLはサーバー会社が用意したSSLで(ほとんどの場合)追加料金無しで使うことができます。

ただし、共用SSLはショッピングサイトのURLが変わります。
【例】https://サーバー名/お客さまドメイン名/・・・ServerQueenの場合
ユーザーによってはURLが変わることに違和感・不信感を抱きます。

・専用SSL
専用SSLは追加料金(月額費用)が必要になってきますが、URLはドメイン名のまま使えます。

URLは変わらないので、ユーザーは安心して商品を購入することができます。
よって共用SSLよりも独自SSLの方が購入率が高くなると考えられます。

ユーザーの購入率UPを考えると専用SSLを用意するのがベストですが、専用SSLは費用がかかります。だから、最低でも共用SSLが使えるレンタルサーバーを選びましょう。

point1:共用SSLのレンタルサーバーを選ぶ

データベースはPostgreSQLが使えるレンタルサーバーを選ぶ

EC-cubeはMYSQLもしくはPostgreSQLのデータベースがあれば設置できます。
MYSQLは多くのレンタルサーバーで使えますが、PostgreSQLが使えるレンタルサーバーは少ないです。

しかし、EC-cubeを使うにはPostgreSQLのレンタルサーバーがオススメです。EC-cubeを制作するプログラマーにとっては、「EC-cubeのデータベースはPostgreSQL」と言うのが常識になっています。

■MYSQLはバグが多い
先日、MYSQLで作られたEC-cubeのカスタマイズを行いました。
EC-cubeのカスタマイズに悩んだ時、私はインターネットでカスタマイズ方法を検索するのですが、ネットで書かれている通りにカスタマイズしてもが上手く行きません。

何時間も費やして原因を調べたところ、データベースのMYSQLとPostgreSQLとの違いでした。

PostgreSQLの場合は該当箇所の変更だけで済みますが、MYSQLの場合はデータベースを呼びだすプログラムの修正も必要になります。つまり、MYSQLは余計な手間がかかるのです。

MYSQLでは上記のような不具合があるのでEC-cubeを何個も作ってきたプログラマーたちは、PostgreSQLを使ってEC-cubeを製作します。

カスタマイズの記事もPostgreSQLを使う前提で書かれており、MYSQLの場合は自力で解決するしかありません。このような不具合に加え、MYSQLはバグが多いと報告されています。

新しいバージョンのEC-cubeではMYSQLのバグは減ったと言われていますが、ここはトラブルの少ないPostgreSQLを選ぶべきでしょう。

PostgreSQLを選ぶメリットはまだあります。

■MYSQLは表示速度が遅い
MYSQLで作られたEC-cubeは商品件数を増やしたり、規格(商品サイズS/M/Lなど)が複雑になると表示速度が遅くなります。この表示速度の遅さもMYSQLが懸念される理由の1つです。

ネットショップではこの表示速度が大きく売り上げに関係します。

インターネットで商品を売っているのはアナタだけでは無く、同じ商品を扱っているショッピングサイトは多く存在します。せっかくユーザーがサイトに訪れてもページの表示に時間がかかった場合、他のショッピングサイトに移ってしまいます。

ネットショップの大手amazon.comが2006年に「読み込み時間が0.1秒減ると、売上が1%増加した」とデータを公表しています。このことからも分かるように、表示速度を早くするほど売り上げUPにつながるのです。

また表示速度が遅いとSEO対策にも不利になります。

point2:PostgreSQLが使えるレンタルサーバーを選ぶ

安いレンタルサーバーはデータ転送量も少ない

データ転送量とはレンタルサーバーからどれだけデータが送られたかということ。レンタルサーバーによってはデータ転送量に制限があるため、アクセス数・ページ閲覧数が増えるとサイトが非表示になります。
サイトが非表示になると商品を購入して貰う機会を逃すことになるので、データ転送量が無制限もしくは余裕のあるレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

データ転送量とは?

point3:データ転送量が無制限もしくは余裕があるレンタルサーバーを選ぶ

ロリポップでEC-cubeのサイトを作った場合、必要なデータ転送量を調べました。
その結果、安すぎるレンタルサーバーを使わなければ、よほどのことが無ければ大丈夫という結論がでました。

データ転送量の実験の詳細は「ロリポップでEC-cubeは使える?使えない?」をご覧ください。
ロリポップでEC-cubeは使える?使えない?

phpの処理時間制限に気を付けろ

これは私が実際にロリポップで起きた事例です。
ロリポップは共用サーバーであるため、php・cgiの処理時間制限(30秒)を設けています。
つまりはPHPの処理に30秒以上の時間をかけるとエラーが発生しページが非表示になるということです。
私が携わったサイトもこの制限に何度もひっかかり、売り上げが大きく落ち込みました。

point4:PHP処理時間制限の無い・緩いレンタルサーバーを選ぶ

EC-cubeにオススメのレンタルサーバー

上記ポイントを踏まえたレンタルサーバーをいくつかピックアップいたします。PostgreSQLが使えるレンタルサーバーが少ないので比較的絞られます。

3つの中で1番おススメのサーバー

レンタル料金は他社と比べると少し高めだが、値段の分だけ内容もサポートもしっかりしている。

■WADAX共有サーバー ブロンズプラン

初期費用 0円 月額料金 1,995円/月
ディスク容量 50GB
共有SSL 専用SSL
CGI PHP
MYSQL PostgreSQL
データ転送量 無制限 お試し期間 無し

(月額料金1年分前払いで初期費用無料)

WADAXの紹介記事はコチラ

ServerQueenのQ-03プラン

PostgreSQLが使えるレンタルサーバーで比較的安く高性能なのがこの「ServerQueenのQ-03プラン」です。共用SSL・PostgreSQL・データ転送量無制限という条件を満たして月額たったの987円です。

ServerQueenのQ-03プランでは独自SSLが使えないので、独自SSLを使いたい場合はもっと上級のプランに変える必要があります。

初期費用 2100円 月額料金 987円/月
ディスク容量 60GB(キャンペーン中は120GB)
共有SSL 専用SSL ×
CGI PHP
MYSQL 25個 PostgreSQL 25個
データ転送量 無制限 30日間返金保証 あり

※データベースは、MySQL、PostgreSQLのどちらかを利用いただけます。

ServerQueenの公式サイトはコチラ

無制限レンタルサーバー 無限プラン

ディスク容量・データベース量共に無制限の規格外れのレンタルサーバーです。スペック内容だけみるとServerQueenよりも安価で高機能です。
ただし、専用SSLは使うことができないので使いたい場合は別の会社で契約する必要があります。

初期費用 2000円(1050円) 月額料金 480円/月
ディスク容量 無制限
共有SSL 専用SSL ×
CGI PHP
MYSQL 無制限 PostgreSQL 無制限
データ転送量 無制限 お試し期間 無し

低価格・高性能の無制限レンタルサーバーですが、運営会社が99円レンタルサーバーを扱っている会社と同じミルブレインズ LLC です。以前、99円レンタルサーバーの記事を書いた時、コメントでミルブレインズ LLCの良くない噂を聞きました。

その面から考えるとサポート面・安全面では不安が残ります。ですので、無制限レンタルサーバー「無限プラン」はオススメはできませんが、安く済ませたい人には良いかもしれません。

詳細は99円レンタルサーバー評判・評価のコメントはコチラ
無制限レンタルサーバー 無限プランの公式サイトはコチラ


interQドメイン付プランは使えません。


interQって何?

サイト製作にあたりお客様の使っているレンタルサーバー会社を調べたところinterQ(インターQ)という聞いたことがないサーバーを使っていました。そのinterQのサービス内容とは・・・

InterQはプロバイダーの会社

まず誤解が無いように説明しますが、このInterQはプロバイダーの会社です。プロバイダーサービスのひとつに独自ドメインがついたレンタルサーバープラン「独自ドメインプラン」があるのです。今回はその独自ドメインプランのお話です。ちなみにレンタルサーバーのみのサービスはありません。

その独自ドメインプランの料金がコチラです。

回線オプション 最大速度 月額料金
Bフレッツ
オプション ファミリー
100Mbps 5,300円
(税込5,565円)
Bフレッツ
オプション マンション
100Mbps 5,300円
(税込5,565円)
Bフレッツ
オプション ベーシック
100Mbps 9,800円
(税込10,290円)

「プロパイダ料金が含まれているとしても、高すぎないか?」と思い通常プランの金額を調べてみました。

回線オプション 最大速度 月額料金
Bフレッツ
オプション ファミリー
100Mbps 2,400円
(税込2,520円)
Bフレッツ
オプション マンション
100Mbps 2,400円
(税込2,520円)
Bフレッツ
オプション ベーシック
100Mbps 7,800円
(税込8,190円)

プロバイダー料金が高い・安いについてはともかく、独自ドメインプランと比較してみるとレンタルサーバーの部分で月額2000円の費用が発生しています。

月額2000円も払っているなら、よっぽど高スペックなレンタルサーバーかと思いきや・・・

InterQの独自ドメインプランの性能

ディスク容量 100MB 月額利用料金 約2,000円
初期費用 3,000円 データベース ×
CGI PHP ×
独自ドメイン 1つ

近年にマレに見る低スペックです。ディスク容量100MBなんて無料で提供されるレベルです。月額2000円も払うのはもったいないです。

このスペックにこの料金帯は10年前の価格です。つまりはInterQはレンタルサーバーのサービスの向上はせずに10年間ほったらかしだったということですね。

お客様には、InterQのレンタルサーバーを借りることがどれだけ経費の無駄であるかということをご説明し違うレンタルサーバーで借りることになりました。

お客様の要望は
・オリジナルサイトを作りたい
・複数のサイトを運営したい
・将来的にはショッピングサイトも作りたい

ということだったので、データベース・ディスク容量も豊富にあるエックスサーバーをご提案しました。

InterQとエックスサーバー比較

InterQ
ドメインプラン
エックスサーバー
X10プラン
ディスク容量 100MB 50GB
月額利用料金 約2,000円 1,050円
初期費用 3,000円 3,150円
データベース × 30個
CGI
PHP ×
独自ドメイン 1つ ×

ご覧の通り、月額料金は半分になりディスク容量は500倍・データベースもPHPも使えるようになります。

エックスサーバーの評価記事はコチラ

InterQからドメインの移管

InterQを解約しエックスサーバーで運用することになりましたが、InterQで10年間使い続けてきたドメインを捨ててしまうのはもったいない。そこでInterQからのドメインの移管をすることになりました。

ドメインの移管についてはサイトに書かれていないので、メールで問い合わせをしました。

事前にネットで調べた情報だとInterQの対応は悪くお問い合わせしても返事が返ってこない・ドメイン移管を渋るなど悪い評価が多く書かれていました。
悪評価に対して次の日にメールが送られてくるという迅速の対応に驚きましたが、送られてきたメールの内容を見ると悪評価に納得。

送られてきたドメイン移管の手続きについてのメール
----------------------------―
.comバリューパック(F38)をご利用のお客様で、ドメインのみ
を他社サーバーにて運用をご希望の場合は、下記の手順にてお手
続きいただけますようお願いいたします。

■移管事務手続き

1:ドメイン移管申請書郵送をお申し付けいただきます。
2:必要事項をご記入の上弊社までご返送をお願いいたします。
3:約2週間後に弊社より移管用ユーザーID、パスワードを送付い
たします。
4:お手元にユーザーID(お名前ID)とパスワード到着後、お客様
にてお名前.comよりご利用のネームサーバーへ変更のお手続き
をお願いいたします。
5:interQ MEMBERSのDNS情報を削除いたしますので必ず下記窓口
までご連絡ください。

interQ MEMBERSお客様センター
0570-00-7300 / 03-5456-2678(平日 10:00~19:00)

※interQ MEMBERSのDNS情報の削除を行わないとドメイン移管後に
他社サービスでのメールの送受信、ホームページの表示がされ
ない場合がございます。

【事務手数料】

移管の場合…2000円(税込2,100円)

※ユーザーID(お名前ID)、パスワードはお名前.comでのドメイン
管理用のIDとパスワードとなります。大切に保管してください。

上記ご確認いただけましたら、ドメイン移管申請書をお送りいたし
ますので、お手数ではございますが、その旨をお書き添えの上、再
度ご連絡くださいますようお願い申しあげます。
----------------------------―
このメールで私が気に入らないのは
・お名前.comにしか移管できない
・お名前.comにしか移管できないのにもかかわらず手数料がかかる
という点です。

業務提携をしているところにしかドメイン移管ができないというのはサービスが悪すぎです。お客を逃したくないという魂胆が丸見えで見苦しくも思います。

このような不満点はあったものの、InterQでドメインを借り続けていることの方がデメリットが多いので、その日のうちにドメイン移管の手続きを行いました。

もし、InterQでサイトを公開している人がいたらレンタルサーバーを変えられることをお勧めします。

■おススメのビジネスサーバー記事一覧
安心・格安・大容量エックスサーバー「X20プラン」私も使っています!
安さで選ぶならへテムルサーバー
EC-cubeを作るならWADAXレンタルサーバー


ロリポップ 利用者の声(口コミ)


ロリポップの良い所は何と言ってもお値段。
お手頃な価格でレンタルサーバーが借りれられるので、利用者は多く有名なレンタルサーバーのひとつです。

ロリポップは安さばかりに目を奪われがちですが、実際の使い心地はどうでしょうか。ロリポップの利用者の声をまとめてみました。

初心者でも簡単に扱えるレンタルサーバーロリポップ

おじさんでも使えたロリポップレンタルサーバー紹介レビューブログ

ロリポップレンタルサーバーを借りてて良かった
私はいくつかの無料HPサービスを利用しています。
又、レンタルサーバーも借りています。

今回今まで利用していた無料のHPサービスが中止になるとの事。
そのHPサービスはもう3年くらい利用していたので驚いています。
仕方なくHPを移転する事にしました。

幸い私はロリポップレンタルサーバーを借りて独自ドメインでHPを運用しています。
ですからこのロリポップにHPを移転する事にしました。
早速今日移転作業を終わらせました。

そして問題なくHPも働いています。無事移転が完了したのです。
それにしても無料HPなので中止されても仕方ないのですが
こういうことがあると無料HPサービスは敬遠したくなります。

やはりレンタルサーバーを借りておいて正解です。
そしてロリポップレンタルサーバーはお手ごろなのに、高機能。
無料HPサービスを利用している方、ぜひレンタルサーバーの利用を
検討してはいかがですか。

無料レンタルサーバーのサービス中止に伴い、有料のロリポップに変更した人のブログです。
この方は無料レンタルサーバーと比べ、より良いロリポップのサービスに大満足。

ロリポップの安定性はイマイチ

2chからの情報

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 09:27:09.80 0
仕事でさくら使ってましたが、個人使用でロリポップをと
考えています。cgi、ssiなど多用。
比較して注意点ありますか?

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/15(火) 09:43:36.78 0
>>680
クセのある鯖屋ゆえ、いろいろ妥協や耐性が必要だぞ。
それが気に入らなくて文句たらたら言う人がいっぱいいるのは過去レス見れば明らか。
どちらかと言えば素直にさくら使い続けたほうが幸せ。

個人用なら値段相応とちゃんと割り切れるなら俺的にはおすすめ。
cgi等、重いかは鯖による。激重ということはない。

このログがロリポップの安定性についての全てを述べているようです。
ロリポップの安定性に不満を持っている人は昔からたくさんいます。
安定性にかけるので商用利用には向いておらず、あくまでも個人用にお勧めということです。

ロリポップ利用者の声 まとめ

ロリポップの利用者の声をまとめてみると、

個人利用の場合は、安くて十分満足の行くレンタルサーバーです。
商用利用の場合は、安定性に欠けトラブルへの対応が行きとどいていない面があり、少し不安が残ります。

と言うことになります。

私は仕事でクライアント様に「(商用利用の)レンタルサーバーはどこの会社が良いか?」と聞かれます。
私の場合クライアント様の作りたいホームページの内容によってオススメするレンタルサーバー会社が変わります。

ホームページから集客を考えているお客様にはロリポップはお勧めできません。
ロリポップ利用者の声に合ったようにロリポップのサーバーは不安定です。
商品の購入中にトラブルが起きた場合、せっかくホームページに来たお客様を逃すことになります。
ただ、クライアント様の中にはホームページはあるだけで良いと考えている方もいます。
そんな方には商用利用であってもロリポップをお勧めする場合もあります。


MOOVER!(ムーバー)レンタルサーバー評価・評判


MovableTypeのライセンスが付くレンタルサーバー

MTユーザーにはうれしいMovableTypeのライセンス付きのレンタルサーバー。
MobableTypeのライセンスは通常4万~6万円するもので、MTを導入するとどうしても初期費用が高くなってしまうのが欠点。しかし、このMOOVER!(ムーバー)レンタルサーバーを使えば初期費用を抑えてMovableTypeが使う事が出来ます。

MOOVER!(ムーバー)レンタルサーバー基本スペック

初期費用 2,800円 月額料金(12ヶ月) 1,365円/月
ディスク容量 1GB データ転送量 3GB/日
共有SSL 専用SSL ×
CGI PHP
メールアカウント 無制限 お試し期間 10日間

MOOVER!レンタルサーバーはMovableTypeのライセンスが付いてくるためディスク容量は少なめで料金は高め。
MovableTypeを使用するのに1GBのディスク容量は少し物足りなさを感じます。
MovableTypeを設置するだけでディスク容量をかなり消費してしまいます。

データ転送量にも1日3GBまでという制限があるので注意。

メール配信数にも制限があり1時間1000通まで。
これは迷惑メール防止のための処置でしょう。

MovableTypeのライセンスについて

MOOVER!(ムーバー)レンタルサーバーでサーバーをレンタルするとMovableType4のライセンスが付いてきます。
注意して頂きたいのは「MovableType4」だと言うこと。
最新版のMovableTypeは「5」なので、一昔前のヴァージョンになります。

かと言って「MovableType4」がダメだと言うわけではありません。
現に私も「MovableType5」ではなく「MovableType4」をメインにサイト制作を行っています。

「MovableType4」のライセンスが欲しい場合、MOOVER!(ムーバー)レンタルサーバーを検討しましょう。

MOOVER!(ムーバー)レンタルサーバーのサポート

MOOVER!(ムーバー)レンタルサーバーのサポートはお問い合わせフォームからのメールでのお問い合わせのみ。お問い合わせから1日~2日ぐらいで返事がきます。
電話でのサポートは行っていないので初心者の方には扱うのは難しいレンタルサーバーです。

MovableType4のライセンスがいらないなら他社のサーバーをおススメ

先ほども説明したようにMOOVER!(ムーバー)レンタルサーバーはMovableTypeのライセンス料金を上乗せした月額料金になっています。
MovableType4のライセンスが必要ない場合は割高な料金を払うことになります。

MOOVER!(ムーバー)レンタルサーバーのディスク容量は1GBですが、
他社のレンタルサーバーなら月額100円前後でレンタルできます。

■おススメのビジネスサーバー記事一覧
安心・格安・大容量エックスサーバー「X20プラン」私も使っています!
安さで選ぶならへテムルサーバー
EC-cubeを作るならWADAXレンタルサーバー


クイッカレンタルサーバー 評価・評判


最安値!!98円からのクイッカレンタルサーバー

業界最安値のレンタルサーバー。
最安値だからと言っても100円前後のレンタルサーバー群にはまったく引けをとりません。
プランも豊富で幅広いニーズに答えてくれます。

クイッカレンタルサーバー98円のエントリープラン

初期費用 2,000円 月額料金(12ヶ月) 98円/月
ディスク容量 1GB データベース ×
CGI PHP
マルチドメイン × サブドメイン 3個
共有SSL 専用SSL ×
バックアップ オプション クローン オプション
メールアドレス 5個 お試し期間 10個

月額100円前後でレンタルできるサーバーの中では優秀なクイッカレンタルサーバー。
月額98円でPHP・共有SSLが使えるのはなかなかの高スペック。

メールアドレスが5つしか作れないのでビジネス用として使用するのには不向き。
100円前後のレンタルサーバーはどれも個人向け用のレンタルサーバーですが・・・。

IPアドレス分散でSEO対策

クイッカレンタルサーバーには無料のオプションで【IPアドレス分散オプション】があります。
【IPアドレス分散オプション】を利用すれば、

「IPアドレスを変更候補(2種類、同一ネットワークアドレス帯)の中から選択して、変更することが出来ます。」

IPアドレスを分散させリンクをさせるとSEO対策にとても有効的です。
私も最近、SEO対策として注目している手法のひとつです。

クイッカレンタルサーバーでサーバーレンタルをして複数のサイトを運用する場合は、
IPアドレス分散オプションを利用してSEO対策を行いましょう。

クイッカレンタルサーバー高性能のプレミアムプラン

クイッカレンタルサーバーでは98円の「エントリープラン」が目に付きますが、
もうひとつおススメのプランがあります。
それがクイッカレンタルサーバー「プレミアムプラン」。

初期費用 2,000円 月額料金(12ヶ月) 980円/月
ディスク容量 10GB データベース 無制限
CGI PHP
マルチドメイン 無制限 サブドメイン 無制限
共有SSL 専用SSL
バックアップ クローン
メールアドレス 無制限 お試し期間 10個

月額980円でディスク容量が10GBと言うのは少し少なめです。

ですが、クイッカレンタルサーバー「プレミアムプラン」はディスク容量以外に注目してほしい。
このプランから専用SSLが使えるようになり、今まで有料オプションだった、バックアップ・クローン機能がセットになっています。

ディスク容量はあまり必要ないが一通りのセキュリティ対策を備えたレンタルサーバーが欲しい場合は、このクイッカレンタルサーバーの「プレミアムプラン」を使ってみてはいかがでしょうか?

クイッカレンタルサーバーのサポート

クイッカレンタルサーバーは電話でのサポートは対応しておらずメールのみとなります。
マニュアルの解説には動画を使用しており初心者でも解りやすい解説になっています。

独自ドメインは別の会社で取得

クイッカレンタルサーバーでは独自ドメインの取得はできません。
ドメイン会社でドメインを取得しDNSレコードで設定する必要があります。

DNSの設定は少し手間ですが、一度設定してしまえば後は変更する事はありません。
ドメイン会社で独自ドメインを取得した方が費用が安く済みますので頑張りましょう。

格安ドメイン。ムームードメイン

お手頃なドメイン会社がこの「ムームードメイン」。
料金も安く、マニュアルがとてもわかりやすく作られているので初心者にも安心です。
多くの方に利用されてきた実績と長い期間運営している経験がある安心のドメイン会社です。

100円前後で借りれるレンタルサーバー関連記事
初心者におススメさくらサーバー「ライトプラン」
サーバーの大手企業ロリポップ「コロリポプラン」
データペースが使えるクイーンサーバー「超低価格共有プラン」


ハッスルサーバー 評価・評判


格安・小容量サーバー ハッスルサーバー

小規模のホームページなら、お手頃な価格でレンタルできるハッスルサーバーはいかがでしょうか?
月額208円(最安値)で容量が1.5GB、データベースが付くならまずまずのスペックです。

ハッスルサーバー基本スペック

初期費用 1,000円 月額料金(12ヶ月) 208円
ディスク容量 1.5GB データベース
CGI PHP
マルチドメイン 32個 サブドメイン 32個
メールアドレス 無制限 お試し期間 10日間

マルチドメインとサブドメインは両方合わせて32個となっています。
ディスク容量が1.5GBだけなら32個もサイトを作ることはできないので妥当な数です。

ハッスルサーバーは低価格ながらも欲しい機能が一通り備わっています。
CGI・PHP・データベース・.htaccess・Image Magick など充実した内容です。

独自ドメインは別の会社で・・・

ハッスルサーバーでは独自ドメインの取得はできません。
ドメイン会社でドメインを取得しDNSレコードで設定する必要があります。

DNSの設定は少し手間ですが、一度設定してしまえば後は変更する事はありません。
ドメイン会社で独自ドメインを取得した方が費用が安く済みますので頑張りましょう。

格安ドメイン。ムームードメイン

お手頃なドメイン会社がこの「ムームードメイン」。
料金も安く、マニュアルがとてもわかりやすく作られているので初心者にも安心です。
多くの方に利用されてきた実績と長い期間運営している経験がある安心のドメイン会社です。

ハッスルサーバーはビジネス用には向きません。

ハッスルサーバーのディスク容量1.5GBはサイトとメール両方のディスク容量を合わせて1.5GBとなります。
ビジネス用でも小さなサイトの運営なら十分まかなえることができますが、ハッスルサーバーでメールの運用かつ保存も兼ねるつもりならディスク容量が足りなくなる可能性があります。