楽天市場とYAHOOショッピングどちらを使うべきか

楽天市場とYAHOOショッピング儲けるにはどちらを使うべきか!?


2014年からYAHOOショッピングが無料で出店できるようになりました。
(今回はYAHOOショッピングの法人・個人事業主用のプランについての説明です。)

楽天市場では、高い出店料が必要なのに対して、
YAHOOショップでは無料なので気軽に申し込むことができます。

YAHOOショッピングと楽天市場出店の費用の違い

YAHOOショップ出店 楽天市場出店
初期費用 0円 60,000円(税別)
月額固定費 0円 19,500円(税別) ← ※ 1年契約
39,800円(税別) ← ※ 契約3ヶ月のプラン
システム利用料(売上ロイヤルティ) 0% 3.5~6.5%(がんばれプラン)
クレジットカード【基本使用料】 0円 月額3,000円
【個別手数料】 3.24% 一般カード3.6%
楽天カード2.65%

YAHOOショッピングでは、上記に加え、
・アフィリエイトパートナー報酬原資 1%~(任意に選択できます。)
・アフィリエイト手数料 (アフィリエイトパートナー報酬原資の30%)
・Tポイント原資負担 1%~(任意に選択できます。)
が掛かりますが、売り上げに対して報酬が発生するので、商品が売れなくても損失はなく、
売り上げ後に支払う費用も微々たるもの、リスクを少なく始めることができます。

YAHOOショッピングでは、販売NGなもの

レンタルの禁止

私のお客様の中に、とある商品のレンタルサイトを運営しています。

運営当初は月10万円ほどの売り上げでしたが、
私がコンサルティングに入って1年ほどで売り上げが月50万円になりました。

自社サイトでの売上には限りがあるため、提案したのが大型ショッピングサイトを利用しての販売です。
そこで候補に上がるのが、「楽天市場」と「YAHOOショップ」でした。

各ショップに問い合わせして確認したところ、
楽天市場では、レンタル品の出品はOK、YAHOOショップではNGでした。

楽天市場では、すでにレンタル品を出品している店舗が多数ありました。
日本で1位・2位を争うを大手のショッピングサイトだけあって、
出品できる商品の幅広さ・対応に実績も経験も豊富といった印象を受けます。
(ただ、楽天の場合は初期費用が高いため、
その初期費用が欲しさに出品できる範囲を大きく広げていると言う気もしますが・・・。)

YAHOOショッピングでは、レンタルNGでした。
基本的には物販商品のみで、サービスの販売も禁止です。

商品を購入してくれたお客様に対して、レンタルサービスを行うという形でもダメでした。

物販に付随しない役務提供の禁止

YAHOOショッピングでは、
「物販に付随しない役務提供の取り扱いは禁止」しています。

ただし、「取扱い基準」を満たす場合は、「取扱い可能なサービス」もあります。

■取扱い基準
・見積もりが必要なく、販売価格が固定であること
・訪問サービスではないこと
・補償基準を記載すること

■取扱い可能サービス
・リフォーム(預かり品の加工サービス)
・取り付け(ETC、カーオーディオ、カーナビゲーション)
・クリーニング・洗濯
・印刷
・遺伝子検査

この面に関しても、楽天市場の方が融通が利きます。
楽天市場でサービスの商品検索をするとお見積り無料と題した販売価格1円の商品がずらっと表示されます。

[2014/10/07追記]
※YAHOOショッピングでのレンタルの取扱いについて新しい情報が入りました。
詳しくはYahooショッピングでレンタル取扱店出店の可能性についてをご覧ください。

サイト制作について

楽天市場・YAHOOショッピングは共に、簡単に販売ページが作れるようになっていますが、
「これで商品が本当に売れるの?」と思うような形だけの販売ページしか作れません。

本気で商品を売ろうと思ったら、その商品を魅力的に見せるオリジナル販売ページの制作が必須です。

楽天市場とYAHOOショッピングどちらともオリジナルの販売ページを作ることができますが、
オリジナルページの自由度は楽天市場の方が融通は利きます。

YAHOOショップ 楽天市場
JAVAscript ×
FLASH ×
CSS

JAVAscript・FLASHがなくても、それなりのサイトは制作できますが、
やっかいなのがCSSです。

楽天市場では、CSSが外部ファイルから読み込む込むことができますが、
YAHOOショッピングでは外部ファイルを読み込むことができません。
ですので、CSSはHTMLタグに直接書き込まなければいけません。

サイト制作の経験がある人は分かると思いますが、
CSSの直接書きはちょっとした修正も大変で、ソースも長くなりぐちゃぐちゃになります。
制作するのも時間がかかり、メンテナンスも大変です。

担当者について

楽天市場・YAHOOショッピング共に、ショップ出店の申し込み後
担当者がついて店舗開店に必要なサポートしてくれます。

楽天市場出店で「失敗する理由」と「成功する方法」で、
記事にした役に立たない担当とは別の開店サポート専門の担当者です。

彼ら・彼女らの仕事は「販売サイトをオープンまで持っていく」ことです。
売れそうにないサイトだろうがオープンさせるまでが仕事なので、
オープンまでにしなければいけないことを最短ルートで教えてくれます。

楽天の方は何も問題なくオープンできたのですが、
YAHOOショッピングは話は二転三転しオープンまで時間がかかりました。

何があったかというと、
YAHOOショッピングの担当者は若かったので、新人だったのかもしれないと前置きをしておきます。
また、私が持ってきた案件がイレギュラーだったことも付け足しておきます。

・こちら側で作った販売サイトの内容を把握しずに電話してくる
・これなら販売できるとOKもらったものが、やっぱりダメとNGを食らった

このため、販売サイトも何度も作り直し、
お客様への説明も二転三転しお客様も振り回すことになってしまいました。

YAHOOショッピングの利用料無料を始めてから日が浅いため、
販売ルールが定まっていない・社員の知識も追いついていないと言う印象を受けました。

YAHOOショッピングのガイドラインも頻繁に更新されていることからも、
販売ルールが定まっていないと感じさせます。

また、利用料無料になってから申し込みする企業が増え、
十分に対応できる人材が不足しているのかとも思います。

楽天市場とYAHOOショッピング儲けるにはどちらを使うべきか!?

このような違いから、楽天市場とYAHOOショッピングは
似たようなサービスですが同じサービスではありません。

YAHOOショッピング利用料無料は革新的なサービスではあるが、
新しく始まったサービスのため、ところどころ不備があるように思います。
もうしばらくは、このバタバタした状態が続くのではないでしょうか。

お客様が楽天市場での出店を考えているとお話があった時、
上記なようなデメリットがあることを踏まえても、私は初めにYAHOOショップでの出店をおすすめします。

YAHOOショッピング・楽天市場を利用したからと言って、いきなり商品が売れるわけではありません。
お店がオープンしてからが本当の戦いです。
何度も何度も試行錯誤をし商品・サイトの改善を繰り返すことが売り上げに繋がります。

YAHOOショッピングは利用手数料がかからないので、費用の負担を気にせず改善ができます。
それに対して楽天市場ではホームページが完成する前の申し込み時から費用は発生しているので、
うまくいかなかった場合費用の負担は大きくなります。

かと、言って楽天市場も多くの顧客を抱える大きな市場です。

ですので、YAHOOショッピングでうまく販売ができるようになったとき、
そのノウハウを生かし楽天市場でも出店することをお勧めしています。

楽天市場出店のための資料請求は無料でできます。興味のある方は資料請求をしてみてください。
楽天市場出店の資料請求(無料)はコチラ

YAHOOショッピングと似たようなサービス楽天市場出店で「失敗する理由」と「成功する方法」の記事を見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)