カテゴリー別アーカイブ: google

googleについての記事

グーグルプラス検索での顔表示終了

グーグル検索の著作者表示終了のお知らせ


2013年7月に、「グーグル検索に顔を表示させる」という記事を書きましたが、
2014年8月末に著作者情報表示「オーサーシップ(Authorship)」が終了しました。

オーサーシップ終了まで

2011年6月オーサーシップの著作者情報表示サービスがスタートしました。
このオーサーシップの情報は今後Googleのページランクに影響を与えるのではとWeb屋の間で期待されていました。

しかし、Googleの著作者情報表示(オーサーシップ)はユーザーに支持されず、普及も思うように行きませんでした。

2013年12月には著作情報の表示基準が厳しくなりました。
顔写真・著者名の表示がされている人と著者名だけの表示など入り乱れた検索結果となりました。

当時のgoogle公式から、15%減と発表されています。
今思えば、これが著作表示されるサービス「オーサーシップ(Authorship)」の終わりの始まりでした。

2014年6月に写真表示が終了しました。
2014年8月末に著作者情報表示が完全終了しました。

オーサーシップの検索結果(SEO)の今後の影響

今後もオーサーシップはGoogleの検索結果に影響はないようです。

Google+フォローしているユーザーがいる場合は、
プライベート検索で著作者情報が表示されます。
知り合いが作ったページなら著作権情報が表示されて
一目で分かるという面では便利かもしれません。


アドワーズ認定資格

googleアドワーズ個人認定資格を取得しました。


Googleアドワーズ個人認定資格を取得しました。

個人的なことですがこの度Googleアドワーズの個人認定資格を取得しました。

Googleアドワーズ個人認定資格を取得するためには、Googleが主催する「初心者向け試験」と「上級者向け試験」両方とも合格する必要があります。

このGoogleアドワーズ個人認定資格を取得するため、Googleが主催するセミナーで2日間の研修に参加しました。

1日目はアドワーズに関する初心者向け知識を勉強し、その日のうちに初心者向け検定試験を受けました。検定時間は2時間100問近い問題があり、正解率85%以上で合格となります。

初心者向けの知識を問われるとはいえ、簡単ではありません。
日ごろからGoogleアドワーズを使っていないと答えられないような問題ばかりで、Googleさんも考えて問題作ってますね。

2時間の試験時間がありましたが100問近い問題を1時間ほどで全部回答し見直しも完了。
ドキドキしながら試験結果を開くと、初心者向け試験は正解率90%で合格。

2日目は上級者向け試験。上級者試験は「検索広告の上級者向け試験」と「ディスプレイ広告の試験」2種類があり、この日は「検索広告の上級者向け試験」についての勉強と試験を受けました。
検索広告の上級者向け試験は正解率80%以上が合格ラインです。

やはり上級者試験は難しく100問近い問題を2時間の試験時間を全部使って回答していきました。
上級者試験は正解率89%で無事に合格。

初級者向け試験と検索広告の上級者向け試験を合格し、晴れてGoogleアドワーズ個人認定資格を取得することができました。

Googleアドワーズ個人認定資格は期限付き

Googleアドワーズの個人認定資格は有効期限付きです。初心者向け試験は2年間、上級者試験は1年間のみとなっています。

有効期限が過ぎたら再度受験をし合格しないと、アドワーズ個人認定資格は取り上げです。
Googleアドワーズは日々新しいサービスの提供をしています。それに合わせて試験問題も変わると考えられます。Googleアドワーズ個人認定資格を保ち続けるためには常に勉強をし続ける必要がありますね。

もし、私にアドワーズのご相談がある場合は上部メニューの「お問い合わせ」よりご連絡ください。

※2014/09/22追記

Googleアドワーズ個人認定資格2年目

Googleアドワーズ個人認定資格を取得してから1年たちましたので上級編の再試験を受けました。
今回も試験時間2時間いっぱい使いました。

大した勉強はしていませんでしたが、
日ごろからAdowordsを使っているおかげで何とか合格できました。

今年の試験問題は1年前と大きく変わっていてました。
Googleは絶えず新しいサービスを提供しつづけているので、
それに合わせてAdowordsを提案する側も新しい知識が求められているということですね。

来年は初心者向けも受験しなければいけないので、ちょっと大変です。


リスティング広告を安く抑える方法

googleアドワーズ(Yahooオーバーチュア)の広告費を安く抑える3つの方法


Googleアドワーズの広告費を安く抑えよう

GoogleアドワーズやYahooオーバーチュア(リスティング広告)は、
キーワードの設定をして、広告を出稿して「ハイ、終わり」という訳ではありません。

むしろここからが腕の見せ所、
やり方によってはクリック単価を抑えて同じ予算でもクリック数を増やすことが出来ます。

GoogleアドワーズやYahooオーバーチュアの広告費を安く抑えるやり方をご説明します。

広告費を抑える3つのポイント

  1. 無駄なキーワードの出稿を抑える
  2. 品質スコア(品質インデックス)をあげる
  3. 収益率の高いキーワード・広告を見つける

無駄なキーワードの出稿を抑える

リスティング広告をしていると、我々が意図していないキーワードでのアクセスがあります。

例えば、住宅のリフォームを行っている工務店が、Googleアドワーズ(Yahooオーバーチュア)で広告をだしています。

リスティング広告のキーワードは「リフォーム」が適切ですが、「リフォーム」でアクセスを集めると、「宝石 リフォーム」「衣服 リフォーム」などのキーワードで検索された時も広告が表示されます。

これらのキーワードで来たアクセスは、「住宅リフォーム」する気はないので無駄なアクセスに広告費を払っていることになります。

無駄なキーワードでアクセスがあった場合は、「除外キーワードの設定」を行い、無駄なキーワードで広告が表示されないようにしましょう。

品質スコア(品質インデックス)をあげる

品質スコアとは、
ユーザーが検索したキーワードと広告内容がマッチしているかをランク付けしたものです。

Googleアドワーズは「品質スコア」と言い、
Yahooオーバーチュアは「品質インデックス」と言います。

広告の表示順は、広告費の金額だけでは決まらず、品質スコアも広告の表示順に大きく影響します。

品質スコアが高ければ、同じキーワードに広告を出しているライバル企業よりも安い値段で相手より上位表示させることも可能です。
品質スコアは1~10の10段階で評価されます。この数字が高いほど広告費を安く抑えると考えてください。

この品質スコアを上げる方法はいくつかありますが、1番簡単で効果がある方法はクリック率を上げることです。

クリック率を上げるための方法は大きく2つ。

  1. クリックされやすい広告文を作ること
  2. 上位に表示させること

クリックされやすい広告文を作ること

検索キーワードに関連した広告文を作ることでクリック率があげることができます。
また、お客様のニーズにマッチした広告文を考えることも重要です。

上位に表示されること

有料広告の1番上に掲載されればより多くのユーザーに広告を見てもらうことができ、下位の広告よりもクリック率があがります。
では、上位に表示されるにはどうしたら良いかと言うと、上限クリック単価を上げる(=1キーワードの購入単価をあげること)ことです。
一見広告費を安く抑えるという題目と矛盾しているようですが、これが品質スコアをあげて費用を安くする近道です。広告を始めた当初は上限クリック単価を高めに設定しクリック率を高くします。クリック率が高いと品質スコアが上がっているので、そこから上限クリック単価を少し下げても上位表示をキープでき、クリック率も維持(=品質スコアも維持)できるということです。

収益率の高いキーワード・広告を見つける

広告をだして一定期間立つと、どのキーワードでどれだコンバージョン(お問い合わせや商品購入などの目的のこと)に繋がったかのデータがでます。その中でかけた広告費に対して費用対効果(売り上げが十分あるか)を検証します。

収益率が良いキーワードは予算を増やしさらなる売上UPを目指します。
逆に収益率が悪いキーワードは減らし、採算が合わないようであれば削除するなどの対応が必要です。

同じように広告文に対しても検証を行います。

収益率の高いキーワード・広告を見つけだすことにより、余分なキーワードに対しての広告費を削減し予算の効率化を計ります。

Googleアドワーズの広告費を安く抑えようまとめ

以上の3つのポイントを気を付ければGoogleアドワーズの広告費を安く抑えることができます。ぜひお試しください。


グーグル検索に顔を表示させる

グーグル検索に顔を表示させる


この記事でグーグル検索に著作者の顔を表示させる方法をご紹介しましたが、2014年9月にグーグルが著作者情報のサービスを終了しました。

詳しくは
グーグル検索の著作者情報表示終了のお知らせ 」をご覧ください。

Googleで検索を行うと、検索結果に顔の写真が表示されることがあります。
これは「オーサーシップ(Authorship)」と呼ばれ、著作者情報を表示させるグーグル検索のサービスです。

Googleオーサーシップの本来の目的は他サイトに記事を寄稿したときです。
他サイトの記事を寄稿しても、アクセスを得られるのはそのサイトで著作者のページにはアクセスが来ません。
しかし、オーサーシップを設定することで著作者の情報が検索結果に表示されるので、
著作者のサイトにもGoogleプラス経由でアクセスを集めることも可能になります。

我々一般人では他サイトに記事を寄稿することはないので、
Googleの意図とは違う使い方になりますがオーサーシップを導入するメリットはたくさんあります。

検索結果に顔写真が表示されていると他の検索結果よりも目立つので、
通常よりもクリックされやすくなります。

また、聞いたところによると、
顔の写真を公開しているユーザーの記事は信頼できるということで、
SEO効果もあるという噂も聞きました。

メリットだらけのオーサーシップ。やらないわけにはいきません。
このブログにも、ぜひ取り入れていきましょう。

※今回の記事はワードプレスを使ったブログの説明となります。

目次

  • 用意するもの
  • グーグルプラスで行う事
  • ブログ側の設定

用意するもの

  • グーグルプラスのアカウント
  • 自分の顔写真(250px x 250px)
  • 自分のブログ(ワードプレス・MT等)
    無料ブログではできない可能性があります。

グーグルプラスで行う事

顔写真の登録

グーグルプラスのプロフィールで自分の顔写真(サイズは250px×250px以上)を登録します。
※人間の顔以外の写真を登録しても検索結果には表示されないようなので顔写真を登録してください。

自分の顔写真をネットに公開することのは抵抗がありますが、顔を見せないで商売は成り立ちません。
本気でネットで集客を考えているなら意を決して公開していきましょう。

「寄稿先」の登録

グーグルプラスのプロフィールに「リンク」というテーマがあります。
その中の「寄稿先」に自分のブログのURLとタイトルを設定します。

ブログ側の設定

次はブログの設定です。

ブログ記事にグーグルプラスの情報を載せリンクをさせる必要があります。

この情報を載せるためにはHTMLを触る必要があるので、
「HTMLの知識が必要」でかつ「HTMLをカスタマイズできるブログ」である必要があります。
※無料ブログの中にはHTMLを触ることができないものもありますのでご注意ください。

お使いのブログによってやり方は違うので、今回はワードプレスのやり方についてご説明します。
先ほど、「HTMLの知識が必要」と言いましたが、ワードプレスならプラグインを使えばHTMLを触る必要なんてありません。

そのプラグインが
「ALL in One SEO」というプラグインです。

  1. プラグインから「ALL in One SEO」をダウンロードしてください。
  2. 「ALL in One SEO」のプラグインを有効にすると、ワードプレスの編集画面の左側に「ALL in One SEO」タブが現れます。
  3. 「ALL in One SEO」の「General Settings」を選択。
  4. 「General Settings」の画面から下の方にスクロールすると、「Google Settings」というタイトルがあり、その中の「Google Plus Default Profile」という項目があります。
  5. 「Google Plus Default Profile」の中にあなたのグーグルプラスのURLを入れます。
    私の場合は→「https://plus.google.com/u/0/100907807481136735115/」というURLです。
  6. 後は、同ページの上部か下部にある「設定を更新」というボタンを押せば完成です。

うまくできたか確認

グーグルプラスの設定・ブログの設定がうまくできたか確認をしましょう。
グーグルが提供する構造化データ テスト ツールにアクセスします。

URLを入力して、プレビューを押すと

データ構造化ツール

このようにGoogle検索結果が表示されるので、正しく表示されているか確認しましょう。

後はGoogleに反映されるのを待つ

構造化データテストツールでうまく行っても、Googleの検索結果にはすぐに反映されません。1ヶ月ぐらいかかるようなので気長に待ちましょう。

※2014年9月 Google検索のオーサーシップ終了と共にSEO対策のカテゴリーからGoogleのカテゴリーに移動しました。