カテゴリー別アーカイブ: 記事

seesaaブログからの移動用カテゴリー

楽天市場失敗理由・成功方法

楽天市場出店で「失敗する理由」と「成功する方法」


[楽天市場] ブログ村キーワード

楽天市場出店の「失敗理由」と「成功方法」

日本で1位・2位を争う大きなショッピングモール楽天市場。
私は過去に楽天市場のショッピングサイト開設及び管理をしました。
その時の経験を踏まえて楽天市場出店で「失敗する理由」と「成功する方法」をお話します。

楽天市場は便利

日本の大手ネットショッピングモールといえば楽天市場です。
楽天市場の強みは日本中の商品をかき集めた商品数とポイントです。ポイントは購入時に100円毎に1ポイント貰え、次回の買い物で1ポイント=1円として使えます。

楽天のポイントは楽天のクレジットカードを使うことでも溜めることができ、100円使うごとに1ポイント溜まります。(楽天のクレジットカードで楽天の商品を買えばポイントは2倍です。)ポイントの換金率が良く、楽天市場には欲しい商品が必ずあるので私も楽天のクレジットカードを使っています。

しかし、楽天市場が良いこと尽くめなのは消費者の立場だからです。

これが出店者の立場になると大変です。楽天から月額の使用料と売り上げの3.5%~6.5%の手数料(1番安いプランの場合)がとられます。つまり、消費者が得するポイント分を出店者が負担してるも同然なんです。

理由1 楽天市場の出店にはお金がかかる

楽天市場の出店にはいくつかのプランが用意されています。
私が携わったお店(以下、A店)は1番安いプランでしたが、初期費用・月額使用料・販売手数料・クレジットカード決済使用料等々払うと1年間で50万円ほど支払っていたと思います。

ネットショップ運営経験の無い人が楽天市場で出店をしても、年間50万円の利益を出すのは至難の業です。

支払以上の利益が見込める明確なプランを打ち立ててから楽天市場に出店しましょう。

理由2 楽天市場には競合他社が多すぎる

「年間50万円もの費用が必要でも楽天市場に出店すればそれ以上の利益がでるはず」と思うかもしれませんが、それは大間違いです。
楽天市場には多くのお客様が足を運びますが、その分、同じ商品が何個も並んでいます。

同じ商品が並んでいた場合、商品を買う基準は値段のみです。つまり楽天市場の値下げ競争に勝たないと楽天で商品を売ることができません。原価ギリギリまで下げた価格から手数料を取られて果たしていくらの利益を出すことができるでしょうか。

それなら現在の楽天市場にない商品で勝負をする方が利益をだせるでしょう。

理由3 楽天の担当者は頼りにならない

楽天市場で店を出すと楽天の担当者が付きます。表向きは「一丸となってネットショップを大きくしていきましょう」ということですが、この担当者はただの営業マンです。「楽天市場TOPページの広告を買わないか?」や「顧客リストを買わないか?」(←さらっと書きましたがこれは大問題です。)などの営業の話しかしません。楽天商品の管理画面の使い方などを聞く分には役に立ちますが、webの知識に関しては素人も同然です。

結局はWeb会社などの専門家に協力してもらうか、自分で勉強するしかありません。



楽天市場出店で成功するためには・・・

一昔前では利益が出たかもしれませんが、店舗数や商品数が増えた今では利益を出すのが難しくなっています。

その中でも利益を出すには・・・

■ 商品数を増やす
楽天市場で売上を増やすには商品数を増やすのが1番です。扱っている商品のほとんどは他社と同じ商品になりますが商品数を増やすことで自分のサイトがお客様の目に止まるかもしれません。

他社に無い商品を扱っている場合は積極的に商品登録していきます。楽天市場でその商品を探す人が現れるかもしれません。

■ オリジナル商品のアピールは積極的に
オリジナル商品は他店では購入できないため売上に繋がりやすいです。

オリジナル商品の魅力が伝わるように、画像をたくさん取り入れた説明ページを作りましょう。購入して頂いたお客様にはレビューを書いてもらうのも重要です。作成に時間を掛けた分だけ売上に繋がってきます。

■ 有料の広告枠はうまく使え
オリジナル商品が売れるようになったら、楽天の広告枠を購入するのも1つの手です。楽天の担当者が進めるままに広告を購入するのは止めた方がいいですが、うまく使えば効率良く集客できます。楽天の広告は楽天で出店するメリットの1つです。

例えば・・・オリジナル商品が「プリン」だった場合、
何を買うか決めていないがお土産用のお菓子を買いに楽天市場の「スイーツ・お菓子」のページにお客様がやってきました。
本来なら、そのお客様が「プリン」の検索をしなければ商品を手にとっても貰うこともなかったですが、広告が掲載されオリジナル商品が目に止まればそのプリンもお土産の候補となるのです。

もちろん、広告枠の効果を検証する必要があるので初めは少しの予算から投資しましょう。

■ リピーターを増やす
1度商品を購入してくれたお客様は、また商品を購入してくれる確立が高いです。メルマガ等を利用して購入後もお客様に自分のサイトをアピールしていきましょう。

楽天市場出店まとめ

楽天市場に限りらずネットショップは簡単には利益がでません。
成功するまで挑戦・改良し続ける高いモチベーションが必要となってきます。

楽天市場でもできるネット広告利用術

楽天市場出店のための資料請求は無料でできます。興味のある方は資料請求をしてみてください。

楽天市場出店の資料請求(無料)はコチラ

楽天市場に出店するメリットは大きいですが費用が高く、失敗した時のリスクが高いです。ですので、ネットショップを始めるだけなら私は安価なカラーミーショップをオススメします。楽天市場のように多くの顧客を抱えていませんが、カラーミーショップで実績を積んでから楽天市場に出店しても遅くないです。

カーラーミーショップ検証記事はコチラ


カラーミーショップ集客術SEO編3

カラーミーショップ集客術 SEO編その3


カラーミーショップのSEO対策

「カラーミーショップ集客術 SEO編その1・2」ではカラーミーショップSEO対策の内部対策について説明しました。今回は外部対策についてのご説明です。

SEO外部対策とは

SEO対策には内部対策と外部対策があります。

■SEO内部対策
自サイト内を変更して行うSEO対策。サイト・ページの目的を分かりやすくし、検索ロボットをエスコートする対策です。

■SEO外部対策
自サイト外からのSEO対策。主に被リンク(他のサイトからリンクを貰う)を集める作業になります。

カラーミーショップのカスタマイズには制限があるため、内部対策でできることは限られます。「カラーミーショップ集客術 SEO編1・2」で紹介した内部対策が終わったら次は外部対策を行いましょう。

外部対策「被リンク」について

■被リンクがなぜ良いか?
被リンクは下記のような考え方でSEO対策に良いと言われています。

あなたが他人にススメたい記事やグッズがあったら自身のブログにURLリンクを張りそのページを紹介すると思います。
そのページが多くの人から紹介されていれば(リンクを張られていれば)、そのページは有益な情報を提供していると検索ロボットが判断し検索順位を上げてくれるのです。

■被リンクはどうやって集めるのか?
被リンクがSEO対策に良いと言っても簡単には自分のサイトを紹介してくれません。オリジナルの記事・商品やサービスがあり、長い期間サイトを運営して初めて他サイトに紹介されます。

待っていても被リンクは増えないので自分から被リンクを増やす働きかけをしましょう。

例えば、
・外部のブログ(seesaaブログやFC2ブログなど)からリンクを張る。
・ショップのTwitterのプロフィールからリンクを張る。
・知人や取引関係があるところに紹介記事を書いてもらう。
・SEO会社に依頼をする

などが挙げられます。

しかし、被リンク集めでやってはいけないNG行為もあります。
それが過度の被リンク・怪しい被リンクです。

例えば・・・
新しくできたサイトに1日で何千件もの被リンクがつくことは通常考えられませんよね。
その場合、検索ロボットは意図的に被リンクを増やしたと考えます。

このような悪質なSEO対策はスパム扱い(悪質なサイトと認定)となり、検索順位が下がってしまいます。

SEO会社はどのような対策をしているか?

実はSEO会社の多くは上記のやってはいけないNG行為で順位を上げています。
1日で1000件の被リンクを増やすとスパム扱いとなるので、何日かに分けて少しずつリンクを増やすと言う方法をとっています。それでもスパム扱いになる可能性はあるので、もろ刃の剣です。

しかし、この方法が現在の最も効果のあるSEO対策でもあります。SEO会社を利用される際はこのような可能性もあるのを理解してご利用してください。

SEO会社の中には下記のように無料でSEO対策をお試しできる会社があります。興味がある方は無料の範囲から始めてみるのも良いでしょう。

未来のSEO対策は・・・

近い未来、専門家の間では被リンク数だけを集めたSEO対策は通用しなくなると言われています。

現在のSEO会社が行うSEO対策はサイトの業種や内容を関係無くリンクを増やし順位をあげています。このように不正な方法で順位を上げているサイトを検索ロボットはいつまでも許していません。

今後の検索ロボットは被リンクの数だけでは無く、被リンクが貼ってあるページの文章を読みとってリンク先と関連があるかを見ていきます。そこで必要なのが被リンクを増やす方法で説明した「知人や取引関係があるところに紹介記事を書いてもらう」です。

取引先なら似たような業種のサイトなので適切な被リンクと判断してくれるし、知人なら内容のある文章でサイトを紹介してくれるので適切な被リンクと判断してくれるでしょう。

数人にサイトを紹介して貰うだけでは検索順位に大きな変化はありませんが、その積み重ねがSEO対策にって大切です。

■未来のSEO対策を既にしているSEO会社
未来のSEO対策は「内容があるページからリンクを貰うこと」とお話しましたが、既に未来のSEO対策に沿ったサービスを行っている企業があるので少しご紹介します。

忍者アクセス解析で有名なサムライファクトリーが提供するサービス「キジバト」です。

未来のSEO対策「キジバト」

従来のリンクを張るだけのSEO対策では無く、あなたのサイトに沿ったオリジナルの記事を書きリンクを張ってくれます。

関連記事からの被リンクなので検索ロボットに高い評価を受けスパム扱いを受けるのを回避します。

【ポイント1】関連のある記事から被リンクを張る
現在のSEO会社の問題点を払拭したSEO対策です。

【ポイント2】全てオリジナルの記事を作成
10,500円で25記事を書いてくれるのですが、25記事全てがコピーした記事だと検索ロボットにスパム扱いされる可能性があります。それを避けるため25記事全てオリジナル記事を作成しています。

スパム扱いを避けるなら従来のSEO対策を行うSEO会社に頼むよりも「キジバト」に頼む方が安全でしょう。

しかし正直なところ、従来のSEO対策は何百件~何千件の被リンクを張っているのに対して、キジバトは25件だけなのでどれだけSEO対策の効果があるか疑問を持ちます。

■キジバトには3記事無料お試しあり
それはともかくキジバトには3記事無料のお試しがあるので気になる方は試してみると良いでしょう。(無料お試しでも被リンクには変わりないのでSEO対策にはなります(笑))

SEO対策の被リンクまとめ

個人で集められる被リンク数には限界があるので、今以上の順位を求めるならSEO会社に頼るしかありません。しかし、SEO会社の過剰な被リンクはスパム扱いされる可能性があります。

「結局はSEO会社を頼った方がいいの?それとも止めた方がいいの?どっち?」と言われそうなので、
私なりのSEO対策の考えをお話します。

■私が理想とするSEO対策
私は内部対策で行えるSEO対策は全て行い、外部対策は個人でできる範囲まで徹底的に行います。
そして、今度は他人から「このサイトを紹介してもいい」と思わせるような記事やサイト作りに力を注いでいきます。そうすればSEO会社を頼らなくても自然と被リンクが集まってくるはずです。

もちろん、自然と被リンクが増えていくことは簡単なことではありません。しかし、そのようなサイトが上位に来ることが検索ロボットが理想とする検索順位になるのです。

今は被リンクを大量に与えることがSEO対策に効果的だとしても、検索ロボットは進化し被リンクを集めただけのSEO対策では通用しなくなります。検索ロボットがもっと進化し理想とする検索順位を表示させるようになったら、最終的に上位表示されるのは自然と被リンクが集まるサイトになると考えています。

■何だかんだ言いましたが・・・
商売でサイトを運営している以上すぐに順位を上げたい人もいます。SEO内部対策をして、もっと上の順位を目指すならその時はSEO会社を利用するのも良いと思います。

カラーミーショップ集客術関連記事

カラーミーショップ集客術 SEO編その1
カラーミーショップ集客術 SEO編その2
カラーミーショップ集客術 ソーシャルボタン編
カラーミーショップ「カラメル」について
カラーミーショップ集客術 ネット広告を使って集客

SEO対策!無料で使える順位チェックツール


WADAXレンタルサーバー評価

WADAX(ワダックス)レンタルサーバー評価・評判


365日サポートWADAXレンタルサーバー

レンタル料金は他社と比べると少し高めだが、サポート・セキュリティはトップクラスのレンタルサーバーWADAX(ワダックス)レンタルサーバーのご紹介です。

WADAXは他のレンタルサーバーでは使えないデータベース「PostgreSQL」を使えるが魅力のひとつです。

WADAXレンタルサーバーの運営会社「GMOクラウドWEST」

WADAXレンタルサーバーの運営会社「GMOクラウドWEST」はGMOグループのひとつです。GMOグループはインターネット関連サービスの大手企業で、特に「ドメイン登録事業、レンタルサーバー事業」は国内最大手です。

ドメイン登録事業では「お名前.com」「ムームードメイン」「VALUE DOMAIN」など、
レンタルサーバー事業では「ロリポップ」「お名前.comレンタルサーバー」「クイーンサーバー」など
私たちが良く耳にするレンタルサーバー会社がGMOグループに入っています。

レンタルサーバー事業がGMOグループにほぼ独占されている現状は気に入りませんが、GMOグループならレンタルサーバーのサービスに一定の品質と信頼がおけます。

☆サポート体制はレンタルサーバー1☆

WADAXレンタルサーバーのウリはフリーダイヤルでの「365日」電話サポートです。365日なのでお盆・年末年始でも対応しています。

電話対応の良いところはすぐに回答が得られることです。私の場合、サーバー会社に問い合わせる時はサーバーにトラブルが起きて、すぐにでも回答が欲しい時です。しかし、ほとんどのサーバー会社はメール対応のみで回答は次の日まで待たなければいけない事が多々あります。その中で電話ですぐに回答を得られると言うのは高ポイントです。

しかも、電話受付時間は
平日:9:00~22:00
土日祝:9:00~18:00

と幅広い時間帯で電話受付をしています。

夜中の22時まで対応してくれるのも高ポイントです。コレも上記と同じ理由ですが、サーバーのトラブルは何時に起こるかわかりません。夜中でもお問い合わせしたい時があるので22時まで対応してくれるのは助かります。
(Web会社としても深夜に仕事していることが多いので、その時間帯のお問い合わせ対応は嬉しいです。)

それではWADAX(ワダックス)サーバーの各種プランを見ていきましょう。

共用サーバー

■ブロンズ

月額 1,995円
(12月分払い)
初期費用 3000円
0円※1
データ容量 50GB

■シルバー

月額 2,833円
(12月分払い)
初期費用 3000円
0円※1
データ容量 100GB

■ゴールド

月額 3,833円
(12月分払い)
初期費用 3000円
0円※1
データ容量 150GB

(※1 1年分前払いで初期費用無料)

■各プラン共通機能

データベース MYSQL(10個)
PostgreSQL
(?個)
共通SSL
データ転送量 無制限 CGI
PHP メールアカウント数 無制限
専用SSL オプション マルチドメイン オプション

■PostgreSQLが使える
WADAXにはPostgreSQLというデータベースが使えるというメリットがあります。MYSQLが使えるレンタルサーバーは多いですが、PostgreSQLが使えるレンタルサーバーはほとんどありません。このPostgreSQLはEC-cube(ショッピングサイト)を作るのに相性がとても良いです。

EC-cubeとPostgreSQLの相性が良い理由はコチラ

EC-cubeを作るという理由でWADAXを選んでもいいでしょう。

■マルチドメインが有料オプション!?
他社のレンタルサーバーではマルチドメインの追加はほとんど無料ですが、WADAXレンタルサーバーはマルチドメイン代がオプションで追加料金がかかります。

その追加料金も割高で、初期費用5,000円と月額1,000円(1つに付き)を払う必要があります。

予め複数のサイトを作るつもりなら他社のレンタルサーバーを使った方が良いでしょう。

マルチドメインとは

■WADAX(ワダックス)サーバーのデメリット
デメリットと言うデメリットでは無いですが、
WADAXサーバーの良くある質問を見ていたところ、こんな質問を見つけました。

【質問】
間違って作成したデータベースはどこから削除すればいいですか。(共用)

【答え】
データベースの削除はコントロールパネルから出来ませんので
こちらより削除のご依頼をくださいませ。

データベースが自分で削除できず、お問い合わせをする必要があります。(他のレンタルサーバーでは自分で削除できます。)

365日お問い合わせに対応してるとは言え余分な手間が掛ってしまい使い勝手が悪いです。

セコムの万全セキュリティ

WADAXレンタルサーバーのセキュリティに力を入れています。セコム不正侵入検知防護システム(IPS)を標準装備し不正アクセスから24時間あなたのホームページを守ります。

また、WADAXは共通SSLが使え、オプションですが専用SSLも使えます。ユーザーに個人情報の安全性をアピールできます。

WADAX(ワダックス)レンタルサーバーはこんな人にオススメ

■サイトを複数作るつもりは無い人
WADAXレンタルサーバーは複数のサイトを運用しようと思うと、マルチドメインの追加費用が発生します(しかも割高)。ですので、1つのサイトを運用する人向けです。

■レンタルサーバー初心者向け安心サポート
WADAXは業界トップと言って良いほどサポート面が充実しています。レンタルサーバー初心者には365日深夜までの電話サポートは頼りになります。

■EC-cubeのショッピングサイトを作るならWADAX
WADAXはEC-cubeを作るのに便利なPostgreSQLが使える上に、お客様の個人情報を守るセキュリティがしっかりしています。ショッピングサイトを作るなら月額1,995円(1年払い)のブロンズプランで充分です。

WADAXレンタルサーバーのレンタルはコチラ




楽サバ評価

月額99円のラクサバ評価・評判


月額99円から使えるラクサバー

「月額99円」と言えば、ミルブレインズの99円レンタルサーバーを思い浮かべますが、同じく月額99円でレンタルできて性能が良さそうなレンタルサーバーを見つけたので記事にしました。

月額99円のラクサーバーの評価

ラクサーバーの運営会社について

会社名 株式会社
エルメディア
従業員数 14名
(2008年現在)
資本金 1000万円 設立日 2003年

ラクサバーを運営している株式会社エルメディアは2003年に設立された会社です。レンタルサーバー業界ではロリポップを提供しているレンタルサーバーの大手株式会社paperboy&co.も2003年の設立で、2003年は老舗の部類に入ります。

資本金は1000万円で99円レンタルサーバーミルブレインズ LLC(資本金:180万円)よりも多いです。

99円レンタルサーバーよりもしっかりした企業であることは分かります。

■ラクラクミニプラン

月額 99円 初期費用 1500円
750円
データベース
(MYSQL)
1つ ディスク容量 2GB
PHP 共通SSL
メールアドレス 20個 データ転送容量 30GB
無料お試し 10日間

ラクサバーのラクラクミニプランを他社の100円前後のレンタルサーバーと比較しました。

メリット
・月額99円でデータベースが使える
・無料お試し期間がる
・共通SSLが使える

デメリット
・ディスク容量2GB(100円前後で借りられるレンタルサーバーの中では低い)
・データ転送容量に制限がある

PR用の会社サイトを作るだけならラクサーバーのラクラクミニプランで充分ですが、データ転送量に制限があるためサイトからの集客・ブログ・ショッピングサイトを考えているなら違うプラン・違うレンタルサーバー会社に変えた方が無難です。

また、メールアドレス数に制限があります。必要なメールアドレス数を確保できるか考えてラクサバーでレンタルしましょう。

ラクサバーへのお申し込みはコチラ

では他のプランを見てみましょう。

■ラクラクライトプラン

月額 250円 初期費用 1500円
750円
データベース
(MYSQL)
2つ ディスク容量 10GB
PHP 共通SSL
メールアドレス 40個 データ転送容量 60GB
無料お試し 10日間

■ラクラクベーシックプラン

月額 400円 初期費用 1500円
750円
データベース
(MYSQL)
10個 ディスク容量 30GB
PHP 共通SSL
メールアドレス 100個 データ転送容量 200GB
無料お試し 10日間

■ラクラクゴールドプラン

月額 959円 初期費用 1500円
750円
データベース
(MYSQL)
25個 ディスク容量 60GB
PHP 共通SSL
メールアドレス 無制限 データ転送容量 600GB
無料お試し 10日間

他社のレンタルサーバーと比べると平均的なスペックです。ディスク容量だけ見ると他社よりも多いですが、その分データ転送容量に制限があります。

データ転送量の制限はほとんどの場合気にしなくて良いですが、よっぽどの人気サイトを運営していたり、複数のサイトを1つのレンタルサーバーで運営した場合は制限に引っ掛かるかもしれません。

また、メールアドレスの制限も気になります。
従業員が多い企業ではメールアドレスが足りなくなるかもしれません。

ラクサバーへのお申し込みはコチラ

PIC UP 100円前後で借りれるレンタルサーバー関連記事
初心者におススメさくらサーバー「ライトプラン」
サーバーの大手企業ロリポップ「コロリポプラン」
データペースが使えるクイーンサーバー「超低価格共有プラン」


SEO順位チェックGRC

SEO対策順位チェックツールにオススメGRC


SEO対策には欠かせないツールGRC

アクセス数を増やすためにSEO対策は欠かせません。

今回はそのSEO対策を助ける検索順位チェックツールをご紹介です。無料で使える上に高機能で私も使っているオススメのツールです。

SEOの検索順位をチェック

サイトにアクセスを集める方法は何通りもありますが、費用を掛けず最も多くアクセスを集められる方法が「オーガニック検索(自然検索)」と呼ばれるYAHOOやGoogleなど検索エンジンからのアクセスです。このオーガニック検索の検索順位を少しでも上げるために自分で学習してSEO対策に取り組んでいる方も多いでしょう。

ところで普段、自社サイトの順位をどのように調べていますか?

もし、手作業で検索して順番に数えて順位を確認しているのなら、自動で検索順位チェックツールを使いましょう。ツールを使うことで数分かかる作業が数秒で終わります。

「お金を払ってまでツールを使いたくない」と思いかもしれませんが、検索順位チェックツールの中には無料で使えるものがあります。そこで今回、私が実際に使っている無料の検索順位チェックツール「GRC」をご紹介します。

本来、GRCは有料の検索順位チェックツールですが、一部機能を限定して無料で使うことが可能です。複数のサイトを運営している大企業でなければ無料版のツールで充分(私は複数の企業様のサイトを管理しているため有料版を使用しています。)

このGRCは私が勤めていたSEO会社でも使われているほど、利用価値のあるツールです。

GRCって何?

■GRCはとても簡単!1日1回ボタンを押すだけ
GRCの順位検索はとても簡単です。
初めに「順位を調べたいサイトのURL」と「検索したいキーワード」を登録するだけです。
後は1日に1回GRCを起動して、「順位チェック」を実行するだけです。

検索順位チェックGRC

すると上の画像のように、「Yahoo」「Google」「Bing」の「検索順位」「前回の検索順位との変化」「検索数(ライバルページの数)」を調べてくれます。

■検索エンジンの仕様変更にすぐ対応!GRCは小まめにバージョンアップ
私はGRCを使う前に別のツール(無料)を使っていました。
そのツールを使い始めた頃はツールの順位と検索順位は同じ結果を示していたが、ある日を境に順位結果が違ってきました。原因を調べたところ、検索エンジンの仕様が変わったのにツールのバージョンアップが行われなかったからです。

ネットで拾える多くの無料検索順位チェックツール(一部有料ツールも含む)は同じ様に使い物になりません。有料のツールなら仕様変更に対応してツールをバージョンアップする責任がありますが、無料では責任がありません。
※一部の企業では有料にも関わらずバージョンアップをしないツールもあります。

このようにいい加減なツールが多い中、GRCは定期的にバージョンアップをして検索エンジン変更に対応してくれます。本来GRCは有料のツールです。検索結果が違ってくると有料ユーザーも利用を止めてしまうので責任を持って対応してくれます。

GRCのSEO対策に便利な機能

■便利機能 ランクインページ
GRCの「ランクインページ」ボタンを押すと、
そのキーワードであなたのサイトを検索した場合、最も上位に表示されるページの情報を取得できます。

ここでためになるSEO対策を1つご説明します。
Google・Yahooの検索ルールとして、同じサイトから複数のページが上位表示されることはありません。これには納得できる理由があります。

例えば、検索結果1位~10位が全て同じサイトの異なるページが表示されたとします。1位のページで欲しい情報が見つからない場合、2位3位のページを探しますが同じサイトで欲しい情報が見つかる可能性はとても低いです。欲しい情報が見つからない検索エンジンは誰も使ってくれませんよね?

このことから、同じサイトから複数のページが上位表示されることはありません。もし「ランクインページ」で調べた結果、売上に繋がらないページが上位にある場合、上げたいページのSEO対策を強化する必要があります。もしくは、上位にあるページを下げる逆SEO対策を行うことも考えられます。

このようにして「ランクインページ」を利用します。

■過去の検索順位を調べてSEO対策の効果をチェック
GRCは現在の検索順位を調べるだけではありません。過去の検索順位をデータとして記録していきます。
grcImg01.jpg
このように過去の検索順位データが記録されるので、SEO対策の効果検証に使うことができます。

上記の機能が全て無料で使えます!

GRCではこれまでご紹介した機能が全て無料で使えます。「便利な機能が無料版でも使えるなら無料と有料の違いは何?」と思われるかもしれませんね。

それでは無料版と有料版の違いをご説明します。

■無料版

登録サイト 3サイト 登録キーワード 20件
利用期限 永久 料金 無料

無料版では「サイト」と「キーワード」の登録数に制限があります。しかし、ほとんどの方は無料版の制限内で不自由なく使えることでしょう。

GRC無料版ダウンロードはコチラ

ただし、SEO対策に力を入れている人は登録キーワード20件では少ないかもしれません。
その時は有料版を購入しましょう。有料版は2種類あり私がオススメするのは「パーソナルライセンス」です。

■有料版 パーソナルライセンス

登録サイト 3サイト 登録キーワード 200件
利用期限 永久 料金 4,800円(税込)

登録できるサイトは3サイトで無料版と変わりませんが、200件のキーワードを登録することができます。もし、4サイトを登録するつもりならパーソナルライセンスを2つ購入する必要があります。

と言っても、パーソナルライセンスはとても安価で4800円(税込)で利用することができます。しかも、この手のサービスにある月額利用料は無く、払いっきりで永久に使い続けることができます。

下記が他社の検索順位チェックツールの価格です。(GRCサイト参照)

他社の検索順位チェックツール価格

他社のツールは価格が高く、利用料金も毎年払う必要があります。この価格と比較して貰えばGRCの価格がどれだけ安いかお分かりいただけると思います。

GRC有料版ダウンロードはコチラ

■有料版 ビジネスライセンス
もう1つの有料プラン「ビジネスライセンスプラン」は我々のようなSEOのプロが使うプランです。

登録サイト 無制限 登録キーワード 無制限
利用期限 1年間 料金 9,600円/年(税込)

何件でもサイト・キーワード登録ができるが毎年9600円を払う必要があります。
現在私はこのプランで20件のサイトを管理しています。

まずは無料版から試してみる

どれだけ私がオススメしても実際に使ってみないとツールの善し悪しは分からないと思います。有料版の使用を考えている人も無料版をダウンロードして実際に使ってみてください。

GRC無料版ダウンロードはコチラ

■無料版のダウンロード場所
まずはGRC運営サイトSEOラボツールのページへ移動します。

grcImg04.jpg
そのサイトの上記にある「ダウンロード/更新履歴」をクリックします。

「最新版GRCのダウンロード」をクリックしてGRCをダウンロードできます。
grcImg05.jpg

GRCの使い方は同ページからリンクが張られている「ソフトウェアの使い方ページ」で説明されているのでそちらを参照ください。




ECcubeオススメレンタルサーバー

EC-cubeにオススメのレンタルサーバー


EC-cubeにオススメのレンタルサーバー

クライアントからEC-cubeを使ったショッピングサイトのコンサルティングを請け負ったのですが、そのショッピングサイトはレンタルサーバー選びから大失敗していました。

そこで私の実体験も踏まえEC-cubeショッピングサイトに必要なレンタルサーバー選び3つのポイントをご説明します。

EC-cubeはほとんどのレンタルサーバーで使うことができる

EC-cubeを使うのための最低条件はデータベース(MYSQL・PostgreSQL)が使えることです。コストを抑えるなら月額263円のロリポップレンタルサーバーでも十分です。

私のクライアントはショッピングサイトを始める前に企業の紹介サイトをロリポップで運営していました。ロリポップでもEC-cubeが作れるのだから、ショッピングサイト作る時もそのままロリポップを使い続けます。

変更の手間を考えると上記の判断は当然のことですが・・・ロリポップでEC-cubeを使い続けていると多くの不都合がでてきました。

その実体験も含めてご説明します。

個人情報を扱うならSSLのレンタルサーバー

ショッピングサイトを運営すると住所等の個人情報を扱うことになります。その個人情報を守るのがSSL(情報暗号化プログラム)です。最近のユーザー(購入者)は「SSLがないネットでは買い物できない」という人も増えています。だから、SSLがあるとユーザーも安心して買い物をしてくれます。

■2種類のSSL「共用SSL」と「専用(独自)SSL」
・共用SSL
共用SSLはサーバー会社が用意したSSLで(ほとんどの場合)追加料金無しで使うことができます。

ただし、共用SSLはショッピングサイトのURLが変わります。
【例】https://サーバー名/お客さまドメイン名/・・・ServerQueenの場合
ユーザーによってはURLが変わることに違和感・不信感を抱きます。

・専用SSL
専用SSLは追加料金(月額費用)が必要になってきますが、URLはドメイン名のまま使えます。

URLは変わらないので、ユーザーは安心して商品を購入することができます。
よって共用SSLよりも独自SSLの方が購入率が高くなると考えられます。

ユーザーの購入率UPを考えると専用SSLを用意するのがベストですが、専用SSLは費用がかかります。だから、最低でも共用SSLが使えるレンタルサーバーを選びましょう。

point1:共用SSLのレンタルサーバーを選ぶ

データベースはPostgreSQLが使えるレンタルサーバーを選ぶ

EC-cubeはMYSQLもしくはPostgreSQLのデータベースがあれば設置できます。
MYSQLは多くのレンタルサーバーで使えますが、PostgreSQLが使えるレンタルサーバーは少ないです。

しかし、EC-cubeを使うにはPostgreSQLのレンタルサーバーがオススメです。EC-cubeを制作するプログラマーにとっては、「EC-cubeのデータベースはPostgreSQL」と言うのが常識になっています。

■MYSQLはバグが多い
先日、MYSQLで作られたEC-cubeのカスタマイズを行いました。
EC-cubeのカスタマイズに悩んだ時、私はインターネットでカスタマイズ方法を検索するのですが、ネットで書かれている通りにカスタマイズしてもが上手く行きません。

何時間も費やして原因を調べたところ、データベースのMYSQLとPostgreSQLとの違いでした。

PostgreSQLの場合は該当箇所の変更だけで済みますが、MYSQLの場合はデータベースを呼びだすプログラムの修正も必要になります。つまり、MYSQLは余計な手間がかかるのです。

MYSQLでは上記のような不具合があるのでEC-cubeを何個も作ってきたプログラマーたちは、PostgreSQLを使ってEC-cubeを製作します。

カスタマイズの記事もPostgreSQLを使う前提で書かれており、MYSQLの場合は自力で解決するしかありません。このような不具合に加え、MYSQLはバグが多いと報告されています。

新しいバージョンのEC-cubeではMYSQLのバグは減ったと言われていますが、ここはトラブルの少ないPostgreSQLを選ぶべきでしょう。

PostgreSQLを選ぶメリットはまだあります。

■MYSQLは表示速度が遅い
MYSQLで作られたEC-cubeは商品件数を増やしたり、規格(商品サイズS/M/Lなど)が複雑になると表示速度が遅くなります。この表示速度の遅さもMYSQLが懸念される理由の1つです。

ネットショップではこの表示速度が大きく売り上げに関係します。

インターネットで商品を売っているのはアナタだけでは無く、同じ商品を扱っているショッピングサイトは多く存在します。せっかくユーザーがサイトに訪れてもページの表示に時間がかかった場合、他のショッピングサイトに移ってしまいます。

ネットショップの大手amazon.comが2006年に「読み込み時間が0.1秒減ると、売上が1%増加した」とデータを公表しています。このことからも分かるように、表示速度を早くするほど売り上げUPにつながるのです。

また表示速度が遅いとSEO対策にも不利になります。

point2:PostgreSQLが使えるレンタルサーバーを選ぶ

安いレンタルサーバーはデータ転送量も少ない

データ転送量とはレンタルサーバーからどれだけデータが送られたかということ。レンタルサーバーによってはデータ転送量に制限があるため、アクセス数・ページ閲覧数が増えるとサイトが非表示になります。
サイトが非表示になると商品を購入して貰う機会を逃すことになるので、データ転送量が無制限もしくは余裕のあるレンタルサーバーを選ぶ必要があります。

データ転送量とは?

point3:データ転送量が無制限もしくは余裕があるレンタルサーバーを選ぶ

ロリポップでEC-cubeのサイトを作った場合、必要なデータ転送量を調べました。
その結果、安すぎるレンタルサーバーを使わなければ、よほどのことが無ければ大丈夫という結論がでました。

データ転送量の実験の詳細は「ロリポップでEC-cubeは使える?使えない?」をご覧ください。
ロリポップでEC-cubeは使える?使えない?

phpの処理時間制限に気を付けろ

これは私が実際にロリポップで起きた事例です。
ロリポップは共用サーバーであるため、php・cgiの処理時間制限(30秒)を設けています。
つまりはPHPの処理に30秒以上の時間をかけるとエラーが発生しページが非表示になるということです。
私が携わったサイトもこの制限に何度もひっかかり、売り上げが大きく落ち込みました。

point4:PHP処理時間制限の無い・緩いレンタルサーバーを選ぶ

EC-cubeにオススメのレンタルサーバー

上記ポイントを踏まえたレンタルサーバーをいくつかピックアップいたします。PostgreSQLが使えるレンタルサーバーが少ないので比較的絞られます。

3つの中で1番おススメのサーバー

レンタル料金は他社と比べると少し高めだが、値段の分だけ内容もサポートもしっかりしている。

■WADAX共有サーバー ブロンズプラン

初期費用 0円 月額料金 1,995円/月
ディスク容量 50GB
共有SSL 専用SSL
CGI PHP
MYSQL PostgreSQL
データ転送量 無制限 お試し期間 無し

(月額料金1年分前払いで初期費用無料)

WADAXの紹介記事はコチラ

ServerQueenのQ-03プラン

PostgreSQLが使えるレンタルサーバーで比較的安く高性能なのがこの「ServerQueenのQ-03プラン」です。共用SSL・PostgreSQL・データ転送量無制限という条件を満たして月額たったの987円です。

ServerQueenのQ-03プランでは独自SSLが使えないので、独自SSLを使いたい場合はもっと上級のプランに変える必要があります。

初期費用 2100円 月額料金 987円/月
ディスク容量 60GB(キャンペーン中は120GB)
共有SSL 専用SSL ×
CGI PHP
MYSQL 25個 PostgreSQL 25個
データ転送量 無制限 30日間返金保証 あり

※データベースは、MySQL、PostgreSQLのどちらかを利用いただけます。

ServerQueenの公式サイトはコチラ

無制限レンタルサーバー 無限プラン

ディスク容量・データベース量共に無制限の規格外れのレンタルサーバーです。スペック内容だけみるとServerQueenよりも安価で高機能です。
ただし、専用SSLは使うことができないので使いたい場合は別の会社で契約する必要があります。

初期費用 2000円(1050円) 月額料金 480円/月
ディスク容量 無制限
共有SSL 専用SSL ×
CGI PHP
MYSQL 無制限 PostgreSQL 無制限
データ転送量 無制限 お試し期間 無し

低価格・高性能の無制限レンタルサーバーですが、運営会社が99円レンタルサーバーを扱っている会社と同じミルブレインズ LLC です。以前、99円レンタルサーバーの記事を書いた時、コメントでミルブレインズ LLCの良くない噂を聞きました。

その面から考えるとサポート面・安全面では不安が残ります。ですので、無制限レンタルサーバー「無限プラン」はオススメはできませんが、安く済ませたい人には良いかもしれません。

詳細は99円レンタルサーバー評判・評価のコメントはコチラ
無制限レンタルサーバー 無限プランの公式サイトはコチラ


カラーミーショップVSEC-cube

EC-Cubeとカラーミーショップはどちらがいいの?


EC-cubeとカラーミーショップの比較

ショッピングサイトを作る時に多くサイトで利用されるのがEc-cubeです。
今回仕事でEC-cubeのカスタマイズをすることになったので、カラーミーショップとEC-cubeの違いについてご説明したいと思います。

EC-Cubeとは?

Ec-cubeは無料で使えるショッピングサイトシステムです。無料で使えるので多くのWeb会社ではショッピングサイトを作るときこのEc-cubeを利用します。

Ec-cubeには有料版の商用ライセンス(25万円)もありますが有料版は
「EC-CUBEを頒布する場合時、ソースコードを開示したくない場合には(GPLライセンスに準拠しない場合)」商用ライセンスが必要となります。
つまり商用ライセンス版はWeb会社に向けられたものです。Web会社の中にはEc-cubeをカスタマイズしてオリジナルの商品として売り出している所があります。そのカスタマイズしたソースコード(データ)を一般に開示したくなければ「商用ライセンス版を購入してください」ということです。
ですので、Web会社でなければ商用ライセンスは関係ありません。

Ec-cubeのメリット

■メリット1 無料で使える
上記でもお話したとおり、Ec-cubeは無料で使えるのでカラーミーショップのように継続的にかかる費用はありません。(※サーバー代・ドメイン代等は別です。単純にショッピングカートシステムを使う場合の費用としてお考えください。)

■メリット2 カスタマイズができる
カラーミーショップの場合、サイトをカスタマイズしようと思ってもできることは限られます。
こんな機能がほしいと思ったら、カラーミーショップの運営側がその機能を作るまで実現されません。

しかし、Ec-cubeの場合は こんな機能がほしいと思ったほとんどのことは実現できます。

■メリット3 デザインも自由自在
カラーミーショップでは触れるソース(プログラム)が限定されているので、デザインの幅も限定されてしまいます。Ec-cubeなら思い通りのデザインを作ることができます。

Ec-cubeのデメリット

■デメリット1 素人にEc-cubeは作れない
Ec-cubeは無料で使えるが、それを使いこなすのは至難の業です。満足の行くショッピングサイトを作るためには高い技術が必要とされます。デザイン力が必要なことはもちろん、HTML・CSS・PHP・データベース・Smarty等の知識が必要です。

■デメリット2 Ec-cubeの製作費は100万円以上
Ec-cubeは素人では作れないので、プロのWeb会社に製作を依頼するしかありません。その時の値段は、100万円以上が当たり前です。軽い気持ちでショッピングサイトに取り組むには高い金額ですね。

メリットとして、「カスタマイズができる」ことを述べましたが、これも技術力があっての話です。もちろんカスタマイズにも費用がかかります。

以前、お客様のご依頼で「会員と特別会員という具合に会員ごとにランクを分ける」というカスタマイズを行いました。その時、他社の「ランク分け」カスタマイズ費用を調べたところ、その金額は20万円以上。(私はその半額以下の値段で作らさせて頂きました。)

このようにEC-cube自体は無料だが、Web会社に製作費を払う必要があるため何だかんだでお金がかかると思ってください。

■デメリット3 トラブルがあったら製作会社に頼るしかない
カラーミーショップではトラブルがあった場合、カラーミーショップにお問い合わせをすることができます。
しかし、Ec-cubeではそのようなサポートは行っていない(無料なので当然ですが・・・)ので製作会社に頼るしかありません。良心的なWeb会社なら無料で相談・対処してくれるかもしれませんが、ほとんどのところは有料になります。

トラブルがあったらWeb会社に頼るしかないので、良い意味でも悪い意味でもWeb会社とは縁が切れません。

■デメリット4 サーバー代がかかる
ショップサイトに限らずサイトを運営するならサーバーを借りる必要があります。当たり前のことですが、カラミーショップ利用料にサーバー代が含まれているので、ここではデメリットとしました。

ショッピングサイトを作るなら、通常のホームページよりもアクセス数・ページビュー数が増えるので性能の良いサーバーをレンタルする必要があります。

EC-cubeを設置するだけなら ロリポップでも可能ですが、ショッピングサイトでお客さんをたくさん呼び込もうと思うなら、XサーバーX20プラン(月額:2100円)ほどの性能がほしいところです。

サーバー代のことを考えると、カラーミーショップの月額利用量の方が安くなります。

EC-Cubeとカラーミーショップの比較

EC-cube カラーミー
製作費 高い 安い
月額費用 お使いのサーバー代 875円
カスタマイズ性
SEO対策
SLL 共有SSL
独自SSL(有料)
共有SSL
クレジットカード 有料
有料

EC-cubeを使えばカラーミーショップでできることはほとんど可能だから、性能からすればEC-cubeの方が優秀です。ただ思い通りのショッピングサイトを作るためにはそれなりの費用が必要になってきます。

資金をあまり用意できず、小さくコツコツとショッピングサイトを初めて行きたいという人はカラーミーショップをお勧めします。




カラーミーショップ集客術SEO編2

カラーミーショップ集客術 SEO編その2


カラーミーショップのSEO対策

「カラーミーショップ集客術 SEO編その1」はカラーミーショップに使う独自ドメインについてご説明しましたが、今回はカラーミーショップのタイトル・要約文のSEO対策についてのご説明をします。

SEO対策で重要なタイトル

SEO対策で1番効果があると言われているのが、タイトル「TITLE」です。そして、そこそこSEO対策に効果があると言われているのが概要「DISCREPTION」です。

「タイトル」・「概要」はgoogle・yahooで検索した時に下記のように表示されるものです。

カラーミーショップのSEO対策

この「タイトル」・「概要」は各ページごとに違った設定をする必要があります。同じ「タイトル」・「概要」が存在するとSEO対策の評価を下げることになります。
では、SEOに効果的な「タイトル・概要」の付け方の説明をします。

タイトルの付け方

タイトルには検索エンジンで上位表示させたいキーワードを入れます。

例えば、文房具の通販サイトなら「タイトル」は・・・
「文房具通販サイト○○」とします。これはSEOの基本なので皆さんは既にやっていることかと思います。さらにSEO効果をあげるためには以下の点に注意してタイトル文を考えてください。

1.キーワードを絞る
タイトル文を考える時、やってはいけないのは多くのキーワードを詰め込むことです。
「文房具」の他に「鉛筆」「ノート」も上位表示させたいと考え、「ノート・鉛筆の文房具通販サイト○○」というタイトル文にしてしまうと「文房具」「鉛筆」「ノート」すべてのキーワードで上がりにくくなります。

2.タイトル文は短く
タイトルは短い方がSEO対策の効果も大きいとされています。ですので、
「文房具の通販サイトなら○○にお任せください!!」よりも「文房具通販サイト○○」の方が良いです。

3.上げたいキーワードは前につける
タイトルの前方につけたキーワードの方が効果は高いとされています。
ですので、「○○の文房具通販サイト」よりも「文房具通販サイト○○」の方が文房具というキーワードに対してのSEO効果が高くなります。

概要の付け方

概要はページの内容をまとめた要約文を載せます。これもタイトルと同じように上位表示させたいキーワードを概要に入れます。
概要は短すぎるとページの説明ができてないと評価されるので最低でも20文字以上の文章を用意したい。

それではカラーミーショップのタイトル・概要を変更するためにはどこを編集すればいいのかご説明します。

カラーミーショップTOPページの変更

タイトルの変更
1.カラーミーショップにログインをします。
2.「お店をつくる」→「ショップ情報を設定する」→「TOPページ設定」を順に選択します。
3.TOPページ設定の中の「ショップタイトル」の中身を編集します。

カラーミーショップTOPタイトル変更

4.ショップタイトルの中身を編集したら、一番下にある「更新」をクリック。

これで、ショップのTOPページタイトルの編集ができます。

概要の変更
1.カラーミーショップにログインをします。
2.「お店をつくる」→「ショップ情報を設定する」→「タイトル要素・メタ要素設定」を順に選択します。
3.タイトル要素・メタ要素設定の中の「サイト全体の設定」の「ページ概要(description)」の中身を編集します。

カラーミーショップ ディスクリプション修正

4.ページ概要(description)の中身を編集したら、一番下にある「更新」をクリック。

これで、ショップのTOPページの概要の編集ができます。この概要を編集するとTOPページだけではなく全てのページの概要に影響されます。商品・各ページの概要を違ったものにする場合は、それぞれで変更する必要があります。

カラーミーショップ商品詳細ページの変更

各商品ごとのタイトル・概要の変更は商品ページの編集画面で行います。

商品詳細のタイトルは未入力の場合、「商品名+(TOPページの)タイトル」が表示されます。ですので、タイトルはそのままの設定で問題ありません。変える必要があるのは「概要」の方です。
商品詳細の概要を設定しない場合、上記で設定した「サイト全体の設定」が表示されるようになります。

ということは何も設定しない場合、同じ内容の概要が表示されます。これではSEOの評価を下げてしまうことになるので個別で設定する必要があります。

商品編集画面の一番下に「タイトル要素・メタ要素 設定(SEO設定)」があり、ここの「タイトル」・「ページ概要(description)」の中身を変更します。

カラーミーショップ詳細

最後に「登録」を押せば修正完了です。

カラーミーショップにたくさん商品を登録している場合は大変な作業になりますが、SEO対策にはこのような積み重ねが大事です。

カラーミーショップ集客術 関連記事
カラーミーショップ集客術 SEO編その1
カラーミーショップ集客術 SEO編その3
カラーミーショップ集客術 ソーシャルボタン編
カラーミーショップ「カラメル」について
カラーミーショップ集客術 ネット広告を使って集客

SEO対策!無料で使える順位チェックツール


安くなったムームードメイン

ドメイン料金が安くなったムームードメイン


ドメイン(.info)が180円~のムームードメイン

お名前.comと比べ割高だと感じており、紹介記事は書いていなかったのですが、ついにお名前.comに負けない料金プランをたたき出してきました。

ムームードメインはキャンペーン期間中ならこの価格

2012年9月28日16時までのキャンペーン価格がコチラ(カッコ内は通常料金)

.net 380円(950円) .info 180円(950円)
.biz 380円(950円) .asia 280円(1,950円)

このキャンペーンの価格は、1年目のドメイン料金で2年目以降は通常料金がかかってくるので注意が必要です。

今回のようなキャンペーンは今だけでは無く、キャンペーン内容を変えて定期的に行われます。
今回は欲しいドメインが安くならなかったとしても、次のキャンペーンは安くなっている可能性もあるので自分の納得のいく値段でドメインが手に入るタイミングで申し込みましょう。

■料金的を安くしたいなら「.info」がおススメです。
お名前.comよりも安い値段で1年目が使えるので業界最安値の値段です。(私は過去にお名前.comのキャンペーンを利用して、50円で.infoのドメインを手に入れましたがそんなに安いキャンペーンはしばらくはないでしょう。)「.info」はまだ利用者も少ないので希望のドメインが見つかるかもしれません。

■メジャーなドメインなら「.net」
今回の割引の中でメジャーなドメインは「.net」です。知らないドメインよりも知っているドメインの方がユーザーを安心させるというメリットがあります。

2年目以降の料金はお名前.comの方が安い

ここで注意してほしいのが2年目以降の料金です。2年目以降のドメイン更新料金を見るとお名前.comの方がわずかに安いです。

.net .info .biz .asia
ムームー
ドメイン
950円 950円 950円 1,950円
お名前.com 920円 920円 920円 1,950円

ドメイン更新料金の差は30円なので微々たるものです。長い年月ドメインを使うつもりで少しでも安くしたいという人はお名前.comの方が良いかもしれません。

カラーミーショップならムームードメイン

ドメイン企業の大手、「お名前.com」と「ムームードメイン」では値段には大差がなく購入の際はキャンペーンをうまく利用して購入して頂ければと思います。

値段以外でお名前.comとムームードメインを比較するとするならば、使いやすさです。Webの仕事をしていると「お名前.com」も「ムームードメイン」も扱う機会が多いので使ってみた私の感想をご説明します。

お名前.com

設定がややこしいため上級者向け、複数のドメインを扱うなら管理がしやすい。

ムームードメイン

設定画面・設定の説明が分かりやすく初心者におすすめのドメイン会社です。カラーミーショップを使うなら、ムームードメインを使うのがおススメ。カラーミーショップとムームードメインの会社は同じなので設定がしやすい。

あなたがドメインを使う目的によってドメイン会社を選んでください。


seesaablog評価

ショップブログSEOはSeesaaBLOG(シーサーブログ)がおススメ


SeesaaブログがSEOに強い理由

私がSeesaaブログを使っている理由の一つはSEO対策に強い無料ブログのためです。どうして、SEOに強いのかご説明します。

ブログでSEO効果を狙うには・・・

Web屋のお仕事をしていると「ブログでSEO効果最大限に発揮するためには、どのブログが良いか?」という質問を時々もらいます。結論から言うと、ブログでSEOの効果を最大に狙うならMTやワードプレスで独自のブログ(オリジナルブログ)を作ることです。

しかし、独自のブログを作るためにはWeb会社に製作料金を払う必要があり、なおかつSEO対策の知識をもったものがカスタマイズする必要があるので多額な費用が必要になります。

費用をあまりかけずにブログのSEO対策をしたいというなら、このSeesaaBlog(シーサーブログ)がおススメです。
私がSeesaaBlog(シーサーブログ)を利用している理由がSEO対策がしやすいからです。

SeesaaBlogは広告が少ない

このレンタルサーバー情報比較ブログを見てもらうと分かるとおり、余分な広告がありません。あるとしても一番下にあるSeesaaBlogのクレジットマークだけです。SeesaaBlogはクレジットマークさえ残しておけば、後の広告は削除して良いのです。

ブログの最大大手アメブロを見ると、広告だらけ・・・
アメブロ

一番目立つブログの上部に横いっぱいに広がる広告バナーと右側の目立つところにも広告バナー。ブログ記事の間にもグーグルアドワーズ広告が3つ並んでいます。アメブロはお金を払えば広告掲載を消してもらえるようですが、月額980円を払ってまで広告を消していては本末転倒です。

広告は見た目を悪くする他、載せすぎるとSEO対策の評価が下がります。ですので、広告が少ないSeesaaBlogの方がSEO対策に有利といえます。

SeesaaBlogでは独自ドメインが使える

SeesaaBlogのメリットのひとつは独自ドメインが使える事です。
ドメイン

このブログのURLを見てもらえばわかるとおり、URLが[ http://web-hilo.info/ ]となっています。これが独自ドメインです。URL(=アドレス)はあなたのブログがある住所みたいなものです。

ブログの最大大手 アメブロのURLを見てみると・・・「 http://ameblo.jp/○○○/ 」となっています。この場合、アメブロという住所の一角にあなたのブログがあるという解釈になります。

この違いがSEOにどのような影響を与えるか、SEO対策の基本的な考え方を交えてご説明します。

(1)独自ドメインのTOPページがSEO対策に有利
SEO対策で一番有利なページがTOPページになります。TOPページはひとつのドメインに対してひとつ存在します。私のブログの場合、「 http://web-hilo.info/ 」がTOPページですが、アメブロの場合、「 http://ameblo.jp/ 」がTOPページになります。
アメブロTOP画面
ご覧の通り、「 http://ameblo.jp/ 」はあなたのブログではありません。これだけでもアメブロはSEO対策に不利といえます。

(2)更新すればするほどドメインの評価が上がる
SEO対策のひとつに充実したコンテンツがあげられます。砕いて説明すると「詳しく書かれた内容がたくさん存在するか」ということです。充実したコンテンツを増やせばドメインの評価もあがりどんどん上位表示されていきます。SeesaaBlogの場合、独自ドメインが使えるのであなたのブログ全体の評価が高まりますが、アメブロの場合、「 http://ameblo.jp/ 」の評価を上げていることになります。あなたのブログURL「 http://ameblo.jp/○○○/ 」の評価も上がらないことはないですが、一番おいしい評価を貰っているのはTOPページの「 http://ameblo.jp/ 」になります。

(3)URLが短い方がSEO対策に有利
昔からSEO対策では、長いURLよりも短いURLの方が有利と言われています。短いURLの方が読み込むの短時間で済み、処理速度があがるなどの理由が考えられます。アメブロの場合は、「 http://ameblo.jp/ 」と余分なURLが付いてしまうので、URLが長くなってしまい不利になると言えます。(経験上、URLの長さによるSEO対策の効果は微々たるものと言えます。)

また、URLが長いと他人に口頭やメモなので伝える時分りづらいので、短いURLが覚えやすく商売をする上で有利ともいえます。

以上が独自ドメインの有利な点です。
独自ドメインは無料ではないため、有料で購入する必要があります。私がおススメするドメイン会社は以下の2社です。

お名前.com

設定がややこしいため上級者向け、複数のドメインを扱うなら管理がしやすいため私も使っています。

ムームードメイン

最近は価格も下がり購入しやすくなりました。設定画面・設定の説明が分かりやすく初心者におすすめのドメイン会社です。カラーミーショップを使うなら、ムームードメインを使うのがおススメ。カラーミーショップとムームードメインの会社は同じなので設定がしやすい。
キャンペーン中ならドメイン1つ185円~

ムームードメインの記事はコチラ

以上のことからSEO対策のブログはSeesaaBLOG(シーサーブログ)が良いと私は考えています。ブログを一生懸命書いているがアクセスが全然来ないという人はSeesaaBLOG(シーサーブログ)を始めてみるのをお勧めします。

SeeSaaBLOG(シーサーブログ)のお申し込みはコチラ

■関連記事
SEO対策!無料で使える順位チェックツール