楽天市場失敗理由・成功方法

楽天市場出店で「失敗する理由」と「成功する方法」


[楽天市場] ブログ村キーワード

楽天市場出店の「失敗理由」と「成功方法」

日本で1位・2位を争う大きなショッピングモール楽天市場。
私は過去に楽天市場のショッピングサイト開設及び管理をしました。
その時の経験を踏まえて楽天市場出店で「失敗する理由」と「成功する方法」をお話します。

楽天市場は便利

日本の大手ネットショッピングモールといえば楽天市場です。
楽天市場の強みは日本中の商品をかき集めた商品数とポイントです。ポイントは購入時に100円毎に1ポイント貰え、次回の買い物で1ポイント=1円として使えます。

楽天のポイントは楽天のクレジットカードを使うことでも溜めることができ、100円使うごとに1ポイント溜まります。(楽天のクレジットカードで楽天の商品を買えばポイントは2倍です。)ポイントの換金率が良く、楽天市場には欲しい商品が必ずあるので私も楽天のクレジットカードを使っています。

しかし、楽天市場が良いこと尽くめなのは消費者の立場だからです。

これが出店者の立場になると大変です。楽天から月額の使用料と売り上げの3.5%~6.5%の手数料(1番安いプランの場合)がとられます。つまり、消費者が得するポイント分を出店者が負担してるも同然なんです。

理由1 楽天市場の出店にはお金がかかる

楽天市場の出店にはいくつかのプランが用意されています。
私が携わったお店(以下、A店)は1番安いプランでしたが、初期費用・月額使用料・販売手数料・クレジットカード決済使用料等々払うと1年間で50万円ほど支払っていたと思います。

ネットショップ運営経験の無い人が楽天市場で出店をしても、年間50万円の利益を出すのは至難の業です。

支払以上の利益が見込める明確なプランを打ち立ててから楽天市場に出店しましょう。

理由2 楽天市場には競合他社が多すぎる

「年間50万円もの費用が必要でも楽天市場に出店すればそれ以上の利益がでるはず」と思うかもしれませんが、それは大間違いです。
楽天市場には多くのお客様が足を運びますが、その分、同じ商品が何個も並んでいます。

同じ商品が並んでいた場合、商品を買う基準は値段のみです。つまり楽天市場の値下げ競争に勝たないと楽天で商品を売ることができません。原価ギリギリまで下げた価格から手数料を取られて果たしていくらの利益を出すことができるでしょうか。

それなら現在の楽天市場にない商品で勝負をする方が利益をだせるでしょう。

理由3 楽天の担当者は頼りにならない

楽天市場で店を出すと楽天の担当者が付きます。表向きは「一丸となってネットショップを大きくしていきましょう」ということですが、この担当者はただの営業マンです。「楽天市場TOPページの広告を買わないか?」や「顧客リストを買わないか?」(←さらっと書きましたがこれは大問題です。)などの営業の話しかしません。楽天商品の管理画面の使い方などを聞く分には役に立ちますが、webの知識に関しては素人も同然です。

結局はWeb会社などの専門家に協力してもらうか、自分で勉強するしかありません。



楽天市場出店で成功するためには・・・

一昔前では利益が出たかもしれませんが、店舗数や商品数が増えた今では利益を出すのが難しくなっています。

その中でも利益を出すには・・・

■ 商品数を増やす
楽天市場で売上を増やすには商品数を増やすのが1番です。扱っている商品のほとんどは他社と同じ商品になりますが商品数を増やすことで自分のサイトがお客様の目に止まるかもしれません。

他社に無い商品を扱っている場合は積極的に商品登録していきます。楽天市場でその商品を探す人が現れるかもしれません。

■ オリジナル商品のアピールは積極的に
オリジナル商品は他店では購入できないため売上に繋がりやすいです。

オリジナル商品の魅力が伝わるように、画像をたくさん取り入れた説明ページを作りましょう。購入して頂いたお客様にはレビューを書いてもらうのも重要です。作成に時間を掛けた分だけ売上に繋がってきます。

■ 有料の広告枠はうまく使え
オリジナル商品が売れるようになったら、楽天の広告枠を購入するのも1つの手です。楽天の担当者が進めるままに広告を購入するのは止めた方がいいですが、うまく使えば効率良く集客できます。楽天の広告は楽天で出店するメリットの1つです。

例えば・・・オリジナル商品が「プリン」だった場合、
何を買うか決めていないがお土産用のお菓子を買いに楽天市場の「スイーツ・お菓子」のページにお客様がやってきました。
本来なら、そのお客様が「プリン」の検索をしなければ商品を手にとっても貰うこともなかったですが、広告が掲載されオリジナル商品が目に止まればそのプリンもお土産の候補となるのです。

もちろん、広告枠の効果を検証する必要があるので初めは少しの予算から投資しましょう。

■ リピーターを増やす
1度商品を購入してくれたお客様は、また商品を購入してくれる確立が高いです。メルマガ等を利用して購入後もお客様に自分のサイトをアピールしていきましょう。

楽天市場出店まとめ

楽天市場に限りらずネットショップは簡単には利益がでません。
成功するまで挑戦・改良し続ける高いモチベーションが必要となってきます。

楽天市場でもできるネット広告利用術

楽天市場出店のための資料請求は無料でできます。興味のある方は資料請求をしてみてください。

楽天市場出店の資料請求(無料)はコチラ

楽天市場に出店するメリットは大きいですが費用が高く、失敗した時のリスクが高いです。ですので、ネットショップを始めるだけなら私は安価なカラーミーショップをオススメします。楽天市場のように多くの顧客を抱えていませんが、カラーミーショップで実績を積んでから楽天市場に出店しても遅くないです。

カーラーミーショップ検証記事はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)